「漫画村」の元運営者を拘束

人気漫画をインターネット上に無断で掲載していた海賊版サイト「漫画村」の元運営者が、滞在先のフィリピンで身柄を拘束されました。
福岡県警などが著作権法違反の疑いで逮捕状を取っていて、今後、日本に移送して逮捕する方針です。

9日、フィリピンの入国管理局は、人気漫画をインターネット上に無断で掲載していた海賊版サイト「漫画村」の元運営者の星野路実容疑者(27)を、マニラの空港で拘束したと明らかにしました。
「漫画村」は、人気漫画の単行本や漫画雑誌のほか、週刊誌や女性誌などをインターネット上に無断で公開していた海賊版サイトで、去年4月に閉鎖され、福岡県警などが被害を訴える大手出版社から告訴状の提出を受けて捜査を進めていました。
これまでの調べで、星野容疑者はサイトの運営に中心的に関わっていたとみられていますが、捜査関係者によりますと、警察が著作権法違反の疑いで逮捕状を取ったということです。
フィリピンの入国管理局が滞在中の行動について確認したうえで日本に移送される見通しで、福岡県警などは日本に到着したあと逮捕する方針です。
フィリピンの入国管理局によりますと、日本大使館の要請を受けて星野容疑者の行方を捜していて、7日、フィリピンから香港に出国しようとしていたマニラの空港で発見し、身柄を拘束したということです。