“SOまで100日”大会PR

ことし9月に愛知県で開催される知的障害がある人たちのスポーツの祭典、スペシャルオリンピックス」まで、14日で100日となり、東海地方の空の玄関口、中部空港で大会をPRするイベントが行われました。
スペシャルオリンピックスは4年に1度開かれる知的障害のある人たちのスポーツの祭典で、ことし9月に愛知県で開かれる大会は、来年の世界大会の選考を兼ねています。
14日は大会まで100日となったのにあわせて中部空港でPRイベントが開かれ、はじめに、大会の会長を務めるオリンピック女子マラソンの元メダリスト・有森裕子さんが「スポーツを通じて知的障害がある人と共に生きていくという流れを盛り上げるチャンスにしたい」と挨拶しました。
そして、大会までの日数を知らせるカウントダウンボ-ドの除幕式が行われ、陸上競技に出場予定の小川真輝さんが「多くの友達が応援に来てくれるので、大会が最高なものとなるよう精一杯あきらめず走ります」と決意を述べました。
大会では名古屋市や愛知県豊田市などを会場に陸上やサッカーなど13の種目が行われます。