レギュラーガソリン小売価格162円 7週連続で値下がり

県内の今週のレギュラーガソリンの小売価格は、1リットルあたりの平均で162円で、7週連続で値下がりしました。

国の委託を受けてガソリン価格を調査している「石油情報センター」によりますと、今月15日時点の県内のレギュラーガソリンの小売価格は、1リットルあたりの平均で162円でした。先週よりも0.7円安く、7週連続で値下がりしました。
ハイオクは、1リットルあたりの平均が172.8円で、こちらも先週よりも0.7円安くなりました。
レギュラー・ハイオクともに、宮城県の平均価格は、全国の都道府県のなかで最も安くなっています。
また、軽油は1リットルあたりの平均で142.4円で、先週より0.8円安くなりました。
今後の見通しについて、石油情報センターは、「原油価格は少し上昇したが、今後も補助金が支給されるので、ガソリン価格に関しては、来週はさらに値が下がる見込みだ」と分析しています。
経済産業省は、18日以降、各地のガソリンスタンドに卸される分から1リットルあたり33.8円を支給することにしています。