photo 功名が辻

第45作 功名が辻

(あらすじ)
内助の功の代名詞とも言える山内一豊の妻・千代と、桶狭間から関ヶ原までの戦国時代を駆け抜け土佐24万石の大名となる夫・一豊。2人の愛と知恵の歴史を明るくコミカルに描く。

功名が辻 どーも
「功名が辻」千代