photo 太閤記

第3作 太閤記

(あらすじ)
“サル”と呼ばれ信長に仕えた日吉丸が、やがて天下をとるまでをイキイキと描いた人間“秀吉”の物語。劇中で歴史知識を紹介したり、ドラマの舞台の現在の様子を実写で見せるなど、斬新な手法が評判になった。

太閤記 どーも
「太閤記」豊臣秀吉