ストーリーパラスポーツ

陸上もスキーも 二刀流で世界一を目指す パラ陸上・村岡桃佳

2021-03-06 午前 10:00

パラアルペンスキーの金メダリストでありながらパラ陸上にも挑戦し、スキーと陸上の「二刀流」を模索する村岡桃佳選手(23)。

ピョンチャンパラリンピックでは日本選手最多の5つのメダルを獲得。2019年から新たに車いす陸上の競技を開始し、1年たらずで東京パラリンピック出場に手が届く世界ランキング6位までタイムを伸ばしてきました。

 

そんな矢先に決まったのが、東京パラリンピックの1年延期。その直後、支援を受けている会社から「東京パラリンピックへの出場はあきらめて、スキー活動のほうに戻った方がいいのではないか」と、思いがけない提案をされます。大会の延期によって冬の北京パラリンピックまでの期間はわずか半年。陸上に力を注ぐことで、肝心のスキーに支障が出かねないと懸念されたのです。

 

二刀流はあきらめざるを得ないのか。ショックを受けた村岡選手の迷いを断ち切ったのは、チームの監督からかけられた、ある言葉でした。

 

 

※この記事は以下の番組から作成しています。

2020年9月16日「おはよう日本

内容は放送時のものとなります。

 

東京パラリンピック「陸上」特設ページ公開中!

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!