ストーリーパラスポーツ

自分の“これまで”を信じて、金メダルへ パラ自転車・藤田征樹

2020-06-23 午前 10:00

最高時速60kmで駆け抜ける自転車。藤田征樹(まさき)選手は、世界でも数少ない両足とも義足の選手です。

 

トライアスロン選手として自転車に乗り始めた19歳のとき、事故で両足を失った藤田選手。義足で自転車をこぐ技術を一から学び、体にたたきこみました。

 

事故から4年後の2008年、北京パラリンピックに初出場。以来、パラリンピックにはこれまで3回出場し、5つのメダルを獲得しています。しかし、まだ金メダルはありません。

 

東京大会で悲願の金メダルを獲得するために、カギを握るのは「筋力」と「特別な義足」。最高の筋力と義足を追い求める、藤田選手の姿を追いました。

 

 

※この記事は以下の番組から作成しています。

2020年2月5日「おはよう日本

内容は放送時のものとなります

 

東京パラリンピック「自転車」特設ページ公開中!

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!