ストーリーパラスポーツ

秘策は車いすラグビー? 再びメダルへ パラ陸上・上与那原寛和

2020-07-01 午前 10:00

車いす陸上の上与那原寛和(うえよなばる・ひろかず)選手(48)は、競技歴17年のべテランです。(2020年1月時点) 

2019年11月の世界選手権、 1500mで銀メダルを獲得。東京パラリンピックの代表に内定しました。

 

沖縄市出身の上与那原選手は28歳のとき、交通事故で胸から下がまひに。車いすで生活するようになりました。その2年後、出会ったのが車いす陸上でした。最初はリハビリ感覚で始めたものの、本格的に競技を始めて6年目には北京パラリンピックに出場。初出場で銀メダルを獲得しました。

 

しかし、2012年のロンドン大会、2016年のリオ大会では世界のライバルに力及ばず、メダルを逃し続けている上与那原選手。東京大会で再びメダルを手にするために、2019年からある試みを始めます。一見、陸上とは関係なさそうなその試みとは。50歳を前に新たな挑戦を始めた、上与那原選手に密着しました。

 

 

※この記事は以下の番組から作成しています。

2020年1月22日「おはよう日本

内容は放送時のものとなります。

 

東京パラリンピック「陸上」特設ページ公開中!

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!