ストーリーパラスポーツ

【アジアパラ大会】バドミントン・鈴木亜弥子 世界女王を阻む壁

2019-02-07 午後 06:04

バドミントンは、東京パラリンピックから採用される新競技。しかし、日本選手たちは思わぬ壁にぶつかりました。

2018アジアパラ競技大会では、世界ランキング上位の選手がそろい、メダルラッシュの期待も高かった日本。しかし、その行く手をランキング下位の選手たちが次々と阻んだのです。国際大会への出場が少なく実力が未知数だった中国の選手たちでした。

2018アジアパラ競技大会で金メダルを狙った、世界ランキング1位の鈴木亜弥子選手の決勝の相手も、中国の20歳・楊秋霞選手。

 

 

序盤は互いに点を取り合う接戦となりましたが、正確なショットを左右に打ち分ける楊選手に翻弄された鈴木選手は、0対2で敗れ、銀メダルに終わりました。

 

 

中国の選手との対戦機会がほとんどなく、相手がどのくらいレベルアップしているのか分からなかったとはいえ、「これが今の自分の実力」と語る鈴木選手。中国選手のパワーの強さにどう対処していくかが、東京パラリンピックでの勝利のカギとなりそうです。

 

※この記事は以下の番組から作成しています。
2018年10月25日放送
ハートネットTV「熱戦!アジアパラ競技大会~東京パラリンピック活躍のカギは」
内容は放送時のものとなります。

 

東京パラリンピック「バドミントン」特設ページ公開中!

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!