NHK sports

特集 霧島 2回目の優勝へ一歩前進!|推し相撲

相撲 2023年11月24日(金) 午前10:00

ことし最後の場所、九州場所は終盤戦の12日目に、優勝争いを左右する一番が組まれた。2敗でトップに並ぶ、大関・霧島と関脇・琴ノ若の対戦だ。この一戦を制したのが霧島。左の上手を取ったあと、右前まわしも取って、我慢しながらも最後は力強く寄り切った。ことしの春場所で優勝し、その後、大関昇進も果たした霧島が1年の締めくくりとなる今場所の優勝に向けて一歩前進した。

 

⇒取組動画など九州場所特設ページはここから

いいことも悪いことも

ことしは、霧島にとって大きな喜びも苦しみも感じる1年になった。

 

春場所千秋楽 大栄翔との優勝決定戦

春場所では12勝を挙げ、最後は大栄翔との優勝決定戦を制して初優勝。そして、夏場所では11勝を挙げ、場所後に大関昇進を果たした。

 

夏場所後に大関昇進

だが、新大関として迎えた名古屋場所はまさかの3日目まで休場。途中出場したあとも、精彩を欠き6勝にとどまり、次の秋場所は角番で迎えることになった。その秋場所でも中日までに3敗を喫する苦しい展開になったが、何とか9勝で勝ち越し、角番を脱出し今場所を迎えた。

”角番”乗り越えて

特に霧島が、苦しかったと振り返るのが先場所。大関にとっては忌まわしい“角番”という状況に予想以上に追い詰められていたという。

 

秋場所8日目 隆の勝に敗れる

調子じたいはよかったものの、気持ちが先走ってしまっていたという。

大関・霧島

先場所は場所前にしっかり稽古をやっていて自分では調子がいいと思っていたが、始まったら角番と結構言われた。場所前から角番とはあまり考えずに、自分の相撲を取っていくという気持ちだったが、場所が始まって1番負けて2番負けたらそういうのがすごく出てきた。もう角番にはなりたくない。

⇒取組動画など九州場所特設ページはここから

充実の場所前稽古

角番の重圧から解放された霧島は今場所の前には連日、時津風部屋へ出稽古に行き、番数をこなした。

 

 

時津風部屋の正代をはじめ、関脇の大栄翔や若元春など実力者も集まる中で多いときには40番以上取って、手応えを口にしていた。

霧島

稽古場でこうしてやっていけば調子も上がってくる。調子は上がってきた。稽古を一日一日重ねてやってきたので、かなりいい感じには来られている。

本場所でも力見せる

そのことばを裏付けるように、九州場所が始まっても勢いよく白星を重ねていく。立ち合いから力強く当たって相手を圧倒する相撲が目立つ。

 

 

特に2日目、小結に返り咲いた阿炎との一番は強さが際立った。突き押しを得意とする相手を、逆にわずか数秒で押し出した。3連敗中とこのところ相性の悪かった相手に完勝すると、10日目には勝ち越し。大関になってからは最も早い勝ち越しだった。

 

場所中の朝稽古でも霧島の自信を感じることができる。四股や立ち合いの確認などでしっかりと汗をかきながら、稽古が終わると若い衆と談笑する余裕も見られる。

霧島

ずっとリラックスしている。あんまり緊張することもない。ちゃんと稽古してるし、土俵に上がったら自分に集中できる。自分の相撲を取っていく。

⇒取組動画など九州場所特設ページはここから

注目の一番を制して

そして迎えた12日目。3人で並ぶ2敗のうち、関脇・琴ノ若との対戦は、勝者が優勝に近づく、大事な一番だ。

 

 

立ち合い、前に当たりにいった琴ノ若に対し、霧島は突っ張っていく。琴ノ若の圧力を逃がすと、そのまま左の上手を取ったあと、右前まわしも取った。

 

 

組み合う時間が続いたが、しっかりと形をつくった霧島が寄り切って、直接対決を制した。大関になってからは初の2ケタ勝利となる10勝目をあげると、取組後にはふーっと息を大きく吐き出した。日本相撲協会の八角理事長も「終始自分のペースだった」とその内容を評価した。

霧島

自分のことを考えていけた。まわしを取って、自分の形になるまで我慢してそこから攻められた。いつもどおり、自分のことを一番一番考えていく。

2回目の優勝なるか

九州場所は残り3日。優勝争いに向けて、霧島は2敗で平幕の熱海富士とトップで並んでいる。優勝への意識を問われると「まだ早い」とあくまで目の前の一番に集中することを強調する。

 

 

霧島

相撲をとる前に優勝とか考えると体が動かなくなる。どうしても優勝とか考えると変になる。(優勝した)春場所は優勝できると思っていなかった。負けない気持ちで思い切り勝負にいきたい。

 

 

大関昇進を決めた後、「強くてかっこいい大関になりたい」と話した27歳。いいことも悪いことも経験した1年を、優勝という最高の形で締めくくることができるか。九州場所はいよいよ最終盤を迎える。

 

⇒取組動画など九州場所特設ページはここから

 

この記事を書いた人

松井 嚴一郎 記者

松井 嚴一郎 記者

平成29年入局
6年間の宮崎生活を経て令和5年夏からスポーツニュース部で大相撲など格闘技を担当。
新弟子として頑張ります。

関連特集記事