ストーリーパラスポーツ

強さの秘密は「ルーティン」 パラパワーリフティング 大堂秀樹

2019-08-20 午後 04:12

 

パラパワーリフティングの日本の第一人者、大堂秀樹(おおどう・ひでき)選手。88kg級の日本記録の保持者で、パラリンピックには北京・ロンドン・リオと3大会連続で出場し、いずれも入賞。2018年の国際大会では、195kgを挙げ、銅メダルを獲得。東京パラリンピックでもメダルの期待がかかります。

 

18歳の時、バイク事故で脊髄を損傷し、胸から下を動かすことができなくなった大堂選手。選手の中でも障害の重い大堂選手が、日本記録を塗り替え続けられる秘密は「ルーティン」にあります。ぜひ動画をご覧ください。

 

 

 

 

※この記事は以下の番組から作成しています。
2019年6月3日放送「ハートネットTV
内容は放送時のものとなります。

 

東京パラリンピック「パワーリフティング」特設ページ公開中!

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!