ストーリーパラスポーツ

パラ競泳・視覚障害クラスに欠かせない「タッパー」とは?

2019-08-27 午後 05:14

タッパーとはプールサイドで棒を持ち、選手にターンやゴールのタイミングをたたいて知らせる人のこと。パラ競泳の視覚障害クラスでは欠かせない存在です。

 

たたくタイミングが競技結果にも大きく影響すると言われるほど、重要な役割を担うタッパー。東京パラリンピックでの金メダルが期待される、富田宇宙選手のタッパーを務める鷲尾拓実さんを訪ね、その難しさや、記録を伸ばすための試行錯誤に迫りました。

 


鷲尾さんは、富田選手のことをよく知りたいと、プールの練習だけではなく、買い物などの日常生活も一緒に行っているそう。そのようにして信頼関係が築かれているのですね。

 

 

※この記事は以下の番組から作成しています。
2019年5月8日放送「NHKニュース おはよう日本
内容は放送時のものとなります。

 

東京パラリンピック「競泳」特設ページ公開中!

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!