ストーリーパラスポーツ

気持ちを整えるために実践する"アレ"とは? パラ競泳 中島啓智

2019-09-06 午後 10:14

パラ競泳の知的障害のクラスで活躍する中島啓智(けいち)選手。リオパラリンピック200m個人メドレーでは銅メダルを獲得するなど、世界トップクラスの選手として活躍しています。

 

中島選手は週5〜6日練習し、多いときには1日1万メートルも泳ぐのだとか。それほどハードな練習をおこなう一方で、大きな大会を前にすると気持ちのコントロールがうまくいかなくなることもあるそうです。

 

しかし、“アレ”をおこなうことで、その課題を克服できるようになってきたと言います。その答えは、動画でチェック!

 

 


※この記事は以下の番組から作成しています。
2019年7月1日放送「ハートネットTV
内容は放送時のものとなります。

 

東京パラリンピック「競泳」特設ページ公開中!

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!