ストーリーパラスポーツ

支えてくれる人への感謝を胸に パラパワーリフティング・西崎哲男

2019-12-06 午後 09:38

西崎哲男選手は、足などに障害がある選手が、ベンチプレスで持ち上げたバーベルの重さを競う「パラパワーリフティング」、54kg級の選手です。自己ベストは日本記録の142kg。2大会連続のパラリンピック出場を目指しています。

 

23歳のときに仕事中の事故で脊髄を損傷し、車いす生活になった西崎選手。36歳でパワーリフティングを始め、わずか3年でリオ大会に出場しました。

 

そんな西崎選手の急成長を支えたのが、競技を始めて1年後に入社した会社の全面サポートでした。

 

 

支えてくれる人たちへの感謝を胸に練習に励む西崎選手の姿、そして、西崎選手の存在が会社や周囲の人たちに与えている影響とは。

 

動画でご覧ください。

 



※この記事は以下の番組から作成しています。
2019年7月10日「NHKニュース おはよう日本
内容は放送時のものとなります。

 

東京パラリンピック「パワーリフティング」特設ページ公開中!

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!