ストーリーパラスポーツ

古舘伊知郎がパラ競技を白熱実況! シッティングバレー編

2019-12-09 午後 09:28

 

スポーツの名実況を繰り広げてきた古舘伊知郎さんが、パラリンピックで行われる全22競技を解説します。今回は「シッティングバレーボール」。

 

これは、その名(sitting volleyball)の通り座った姿勢で行う競技で、足などに障害のある選手が床に尻をつけたまま行う6人制のバレーボールです。

 

古舘さんが実況したのは、2018年にジャカルタで開催されたアジアパラ競技大会での女子日本代表の試合。通常のバレーとのルールの違いや、「お尻は滑ってもペースは滑らない!」と表現した、選手の「お尻さばき」と素早いラリーに注目です。

 

動画後半は、リオパラリンピックの男子決勝。古舘さんが「人間ホルムズ海峡」と例えた、身長2m46cmのイラン選手の猛アタックは必見です!

 



※古舘伊知郎さんの「舘」の字は、「舎」に「官」です。

 

※この記事は以下の番組から作成しています。
2019年9月23日「ハートネットTV
内容は放送時のものとなります。

 

東京パラリンピック「シッティングバレーボール」特設ページ公開中!

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!