ストーリーパラスポーツ

愛馬と信頼関係を築くために パラ馬術 高嶋活士

2019-12-12 午後 06:45

パラ馬術で活躍する高嶋活士(かつじ)選手。競技を始めてからわずか1年で国内トップクラスの選手となり、東京パラリンピックへの出場も期待されています。

 

もともとはJRA(日本中央競馬会) の騎手だった高嶋選手。6年前の落馬事故が原因で右半身にまひが残りました。その後、パラ馬術へ転向し、2年前、ドイツから来たケネディ・H号とコンビを組みました。

 

馬術では、愛馬との信頼関係がそのまま競技にも影響すると言われています。高嶋選手とケネディ・H号のコミュニケーションを、動画でご覧ください。

 

 

 

※この記事は以下の番組から作成しています。
2019年8月5日「ハートネットTV
内容は放送時のものとなります。

 

東京パラリンピック「馬術」特設ページ公開中!

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!