ストーリーパラスポーツ

視覚障害者柔道の新星!瀬戸勇次郎19歳 レジェンドに挑む

2019-12-18 午後 05:27

 

視覚障害者柔道で東京パラリンピックを目指す、19歳の瀬戸勇次郎選手。武器は子どものころから磨いてきた「背負い投げ」。

 

今月行われた全日本大会で、パラリンピック3連覇を果たしたレジェンドと相対しました。勝負の行方は…。

 

組んでから、いざ勝負!

 

激しい技の応酬が見られる視覚障害者柔道。その迫力は健常者の柔道にも引けを取りません。

 

大きな違いは、「常に組み合った状態」からスタートすること。組み手争いがないため、常に互いが激しく技を掛け合う、体力の消耗が非常に激しい競技です。場外に出そうになると審判が「場外!」と声で教え、「待て」がかかると、組んだところから再開。全盲の選手も、弱視の選手も障害によくクラス分けはなく、体重別で同じルールのもと戦います。

 

 

オリンピックの柔道が「日本のお家芸」と言われるように、視覚障害者柔道でも日本はパラリンピックでソウル大会以降全ての大会でメダルを獲得しています。

全日本連覇を狙う新星・瀬戸勇次郎

男子66キロ級の瀬戸勇次郎選手は、切れ味鋭い立ち技を武器に去年の全日本視覚障害者柔道大会で初優勝。

 

 

福岡県で一人暮らしをしている瀬戸選手は大学2年生。視力は右目が0.07。左目が0.05。生まれつき弱視を伴う色覚の異常があります。
例えば、黄色に色づいたイチョウ並木の写真を見ても、色覚異常のため、何の木なのか判別は難しいと言います。特に明るい場所では、ものの輪郭もぼんやりとしか見えません。

 

野山を駆け回る活発な少年だった瀬戸選手。4歳の時、兄に誘われ柔道を始めました。得意技は背負い投げ。しかし目が不自由なため、組み手争いが重要な健常者の柔道では結果を出せませんでした。

 

瀬戸選手

「小学校の低学年ぐらいまではなんとか勝てたんですけど、高学年に上がってから、中学高校とほとんど勝ちがありませんでした。組み手が全然できなかったのは、勝てなかった原因だと思います。」

 

視覚障害者柔道と出会ったのは高校3年生の夏。最初はその違いに戸惑いました。何より大きかったのは、「常に組み合っている」ことで激しく体力を消耗することでした。その過酷さを「4分間ずっと綱引きをしている状態」と例える瀬戸選手。まずは組み手を掴み続けるパワーをつけるために、重量級の選手と練習を繰り返しました。そして、視覚障害者の柔道に慣れるにつれて、子どもの頃から磨いてきた背負い投げが決まるようになったのです。

 

瀬戸選手

「それまでやってきたことがちょっと報われた気がしました。繰り返し練習して、積み重ねていけば、いつか形になるんだと思えるようになりました。」

パラ5大会出場のレジェンドに挑む

12月8日。東京の講道館で行われた、全日本視覚障害者柔道大会。瀬戸選手の66キロ級は、5人による総当たり戦で争います。

 

最大の壁となるのが、44歳の藤本聰選手です。得意の巴投げを武器に、アトランタからアテネまでパラリンピック3連覇。出場した5大会ですべてメダルを獲得してきた、「レジェンド」とも呼べる存在です。

 

 

レジェンド・藤本選手と、前回王者・瀬戸選手。二人の対戦が事実上の決勝戦となりました。

 

開始直後から積極的に巴投げを狙う藤本選手。瀬戸は辛うじて逃れますが、なかなか技を出すことができません。すると、瀬戸選手に指導が入る苦しい展開。

 

さらに藤本選手が抑え込み。絶体絶命のピンチでしたが、瀬戸選手は大きく体を持ち上げて反転。持ち前の身体能力でなんとかしのぎます。

 

藤本選手が押し気味のまま試合を進め、残り50秒。「待て」が入り組みなおして再開になります。その瞬間、瀬戸選手が仕掛けました。

 

 

無心で出たという背負い投げ。子どもの頃から磨いてきた技が大一番で発揮されました。

 

瀬戸選手はそのまま抑え込み一本勝ち。結果、全試合一本勝ちした瀬戸選手は大会2連覇を果たしました。大会後、瀬戸選手は。

 

瀬戸選手

「自分なりにいい試合ができたと思います。来年の国際大会でパラリンピックに出られるかが決まりますから、そこでもあまり上の方ばかり見ず、ひとつひとつしっかり試合をこなしていきたいと思います。」

 

優勝した瀬戸選手と2位の藤本選手は、ともに来年の国際大会に派遣される予定。こうした大会の結果を受けて、東京パラリンピックの日本代表が決まります。新旧王者の代表争いはまだまだ続きます。

 


 



※こちらは、2019年12月18日に公開された記事です。内容は公開時のものとなります。

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!