ストーリーパラスポーツ

実況の達人・古舘伊知郎がパラスポーツを解説! ボッチャ編

2019-12-19 午後 05:18

 

スポーツ実況のスペシャリスト・古舘伊知郎さんがパラスポーツ22競技を解説。今回は「ボッチャ」です。

 

ボッチャは、脳性まひなど重い障害のある選手たちがさまざまな方法でボールを投げ、的となる白いジャックボールにいかに近づけられるかを競う競技。ボッチャ日本代表の実力はトップレベル。前回のリオパラリンピックでは団体戦で銀メダルも獲得しました。

 

古舘さんが解説したのは、韓国・ソウルで開催された「ボッチャアジアオセアニア選手権」の個人戦決勝の模様。日本代表で世界ランキング3位の杉村英孝選手(37)と、世界ランキング1位のタイ代表・セーンアンパー選手(26)が対戦しました。
※世界ランキングは大会当時のもの

 

いかにジャックボールに球を近づけるか、先を読んでいく高度な頭脳戦が繰り広げられるボッチャの試合。うまく球を投げてすき間をこじ開け、ジャックボールに球をぴたりと寄せるさまを、古舘さんは「究極のすき間産業」と表現。古舘ワールド全開で臨場感たっぷりに解説しました。

 



※古舘伊知郎さんの「舘」の字は、「舎」に「官」です。

 

※この記事は以下の番組から作成しています。
2019年12月9日「ハートネットTV
内容は放送時のものとなります。

 

  • 東京パラリンピック「ボッチャ」特設ページ公開中!

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!