NHK sports

特集 『ねちっこい』ソフトバンク 藤本博史 新監督

野球 2021年12月8日(水) 午後8:45

プロ野球で2年連続のリーグ制覇と5年連続の日本一を目指したソフトバンクは、今シーズンまさかの4位。平成27年からチームを率いてきた工藤公康監督は退任し、再建に向けて白羽の矢が立ったのは藤本博史2軍監督だった。

 

王貞治球団会長が「ねちっこい」と評するそのスタイルは、11月下旬まで宮崎県で行われた秋のキャンプでもかいま見ることができた。

 

藤本 監督

ことしは主力の長期離脱で大変苦しい戦いが続いた。来年はできるだけけが人を少なくして、各選手の力を出せるように全力でサポートしていきたい。野手ではチャンスに強い選手がたくさん出てきてほしい。投手では中継ぎ陣のフォアボールがらみの失点が目立った。先頭打者を塁に出さない、無駄なフォアボールを出さないことをコーチと話し合っていきたい。

 

そして、王貞治球団会長は、特別チームアドバイザーに就任した。

王 球団会長

藤本監督は、ねちっこい野球をやっている。派手ではないがじっくり選手の個性を見ながらこつこつやっていく、若い選手にとって頼もしい監督。結果が出ないとプロは評価されない。技術的なことは監督やコーチに任せるが、『試合でどうするべきか』を今までよりもう少し突っ込んだ形で選手たちに伝えたい。

 

新監督に、81歳となった「世界の王」も助力して、常勝集団の復活を目指す。

常勝集団の復活へ課題は

11月の秋キャンプで王球団会長(左)と意見を交わす藤本監督(右)

 

ソフトバンクは今シーズン60勝62敗21引き分けの成績だった。チームの防御率はリーグトップ。打率やホームランは優勝したオリックスにわずかの差で及ばず2位。

 

投打とも決してほかのチームにひけをとったわけではない。敗因はどこにあったのか。藤本監督は2軍の指揮官として1軍の試合を見ながら感じていたことがあった。

藤本 監督

あっさりしているところがあったと感じた。追い込まれた時でも、相手ピッチャーにどれだけ球数を投げさせるとか、ファウルで粘るとか、そういうものが必要になってくる。

 

藤本監督の肌感覚は数字でも如実に裏付けられている。今シーズン1点差だった27試合の成績は8勝19敗と大きく負け越している。

つなぐ野球

藤本監督が気になったひとりがキャッチャーの甲斐拓也選手。

 

 

11年目で初めて全試合に出場し、ホームラン12本。ホークスのキャッチャーとしては城島健司さん以来となる3年連続の2桁ホームランをマークした。

 

一方で、打率は規定打席到達者では下から2番目の2割2分7厘、三振は142個とリーグワーストだった。欠点を克服し、長打力を生かすためにどうすべきか面談をして指摘したという。

 

藤本 監督

もう少し右方向に打つとか、チャンスを広げていくためにつなぐバッティングも大事ではないか、三振も減ると伝えた。

 

甲斐 選手

自分のよい部分を消す必要はないと藤本さんに言ってもらった。打線をつなげることができるようになりたいと心掛けてやっている。

若手の底上げ

野村 大樹 選手

 

藤本監督は球界を代表するバッターに成長した柳田悠岐選手を育てたことでも知られている。その藤本監督が大きな期待をかけるのが3年目の野村大樹選手。早稲田実業の高校時代、日本ハムの清宮幸太郎選手と中軸を担った好打者だ。

 

藤本監督と野村選手

藤本 監督

チャンスに強いというのが1番いいところかと思う。追い込まれても、簡単に三振するのではなくて、ファウルで粘って何とかしようという気持ちが前面に出てくる。その辺がすごく魅力的だと感じている。

 


秋のキャンプでは、課題の守りを鍛えるため、新監督が自らバットを持って1時間あまりノックした場面もあった。

 

野村 選手

守備を全体的に鍛えたい。しっかり期待に応えていかないといけないという緊張感はある。来年こそはもっと1軍で活躍したい。

南から北から

北海道に本拠地を置く日本ハムで新庄剛志監督が就任した。藤本監督が自身の現役最後の年だった平成10年、オリックス時代に兵庫県芦屋市で同じマンションに住んでいたという。

藤本 監督

いつも出る時間が一緒で、ぼくが出るのを待っていてくれた。会ったら紳士です。

 

 

ソフトバンクでの指導歴は1軍、2軍、3軍を通じて11年となる藤本監督。選手の掌握にたけた手腕が期待される。

藤本 監督

選手の性格や人柄をほぼわかっているつもり。うまく選手のお尻をたたいてやる気を出させるのはできると思う。明るく元気に、そして厳しくをモットーにがんばっていきたい。

 

今シーズンは、いずれも2軍から1軍の監督に昇格したヤクルト・高津臣吾監督、オリックス・中嶋聡監督がリーグ優勝を果たし、日本シリーズを戦った。来シーズンは藤本監督が南の地から巻き返しを図る。

この記事を書いた人

中村 成吾 記者

中村 成吾 記者

令和2年NHK入局。福岡局で警察担当を経て、ことし11月からプロ野球・ソフトバンクを取材。趣味はクラシック音楽をきくこと。

関連キーワード

野球

関連特集記事