ストーリー野球

ロッテ・佐々木千隼 活躍のカギは「脱力」

2021-09-22 午後 06:40

パ・リーグ首位のロッテ。プロ5年目の佐々木千隼がリリーフ陣で存在感を見せている。ドラフト1位で入団したが、たび重なるけがに見舞われた。その中でたどりついた境地が「脱力ピッチング」だ。※成績は9月20日現在。

チーム支える“8回の男”

9月3日 オリックス戦で8勝目をあげた

 

佐々木は今シーズン、主に勝ち試合の8回を任されている。45試合に登板して8勝0敗でリリーフながら勝ち星はチームトップに並ぶ。そして防御率1.13、リーグ2位の29ホールドポイントと抜群の安定感だ。

 

首位を走るロッテは、佐々木をはじめとしたリリーフ陣の安定感が際立つ。DeNAから移籍した国吉佑樹は主に7回を投げて防御率1.13。9回は両リーグトップの33セーブをあげている益田直也が締める。いわゆる勝利の方程式の欠かせないピースになっている。

 

佐々木 千隼 投手

非常にいい場面というか大事なところで投げさせてもらっているのでやりがいは感じています。ここまでけがなくやれていますし、優勝争いもできているので充実しています。

 

 

2016年 新入団発表会見での佐々木投手(前列左から2人目)

 

佐々木はドラフト会議で5球団競合の末、ロッテにドラフト1位で入団。ルーキーイヤーに4勝をあげたが、2年目は右ひじを手術して登板なし。昨シーズンは右肩の痛みに泣き、わずか5試合の登板。たび重なるけがで期待された成績を残すことができなかった。

佐々木 千隼 投手

去年から取り組んできたことが、ちょっとずつ成果として出てきてるのかなと思います。できないこともありますが、いい方向には向かっているのかなと思います。

キーワードは“脱力”

好調の秘けつは投球フォームを大きく変えたことにある。

 

9月3日の日本ハム戦で8回に登板 8勝目を挙げた佐々木投手

 

痛めた右肩への負担をできるだけ減らすため、ゆったりとした動きからボールを投げ込んでいる。脱力したピッチングだ。マウンドでの投球というよりは、キャッチボールをしているように見える。

 

佐々木 千隼 投手

もともとは肩をけがしていたときに、力を抜いて投げたほうが肩の可動域だったりとか、痛みが出なかったりしたんで、それがきっかけです。その投げ方で実戦をやっていくうちに、バッターの反応もよかったので、やってみようと思いました。

 

大学時代は150キロを超えるストレートが持ち味だったが、今シーズンの平均球速はおよそ140キロ。それでもストレートの被打率は1割8分台と非常に低く、球界屈指の成績だ。

佐々木 千隼 投手

スピードはそんなに出ていないですが、ファールが取れたり、差し込むことができたりしている。今までよりいいのかなと思います。

結果を引きずらず前を向く

今シーズン、開幕から成績が安定しているのは精神面の成長もあげられる。佐々木はマウンド上でほとんど表情を変えない。3人できっちり抑えても、ピンチをしのいだ後でも。

 

佐々木 千隼 投手

どの試合も、どんな状況でも、ゼロで抑えたい気持ちは変わらないですし、やることも変わらないので。毎回フラットな気持ちで抑えたいだけですね。

 

 

9月8日に行われたオリックスとの首位攻防戦でも精神面の充実が見られた。

 

佐々木は前日の試合でホームランなどで2失点し追いつかれた。この日も3点リードでマウンドに上がったが、ワンアウト一塁二塁のピンチを招いた。気負う場面だが、今シーズンのピッチングを貫き、140キロのストレートでセカンドゴロダブルプレーに打ち取った。

 

佐々木 千隼 投手

打たれた試合の次の日も試合はあります。そういった面の切り替えの早さは大事です。そこが先発との違いなのかなと思います。引きずっていても、いいパフォーマンスはできないと思いますし。

 

東京オリンピックの中断期間を終えた後半戦。ロッテはここまで7割を超える勝率で勝ち進み、快調に首位を走る。

 

ロッテが最後に優勝したのは16年前の平成17年以来(この時はリーグ2位からプレーオフを制して優勝)。マジックナンバーが点灯すれば、51年前の昭和45年に優勝した時以来だ。佐々木は残りの試合も腕を振り続ける覚悟はできている。

 

佐々木 千隼 投手

本当に優勝したい、それだけですね。それに貢献できたら1番うれしいことです。一戦一戦勝ちにこだわって、優勝に貢献できるよう頑張っていきたいと思います。

ロッテには2人の佐々木

佐々木朗希投手(左)、佐々木千隼投手(右)

 

余談だが、ロッテの佐々木と言えばもう1人いる。プロ2年目の佐々木朗希だ。高校時代に最速163キロをマークし鳴り物入りで入団した。佐々木千隼にチーム内のもう1人の佐々木について聞いた。

 

佐々木 千隼 投手

W佐々木についてですか?もう1人の佐々木(朗希)がすごすぎるんで、僕は影薄めで頑張っていきたいと思います(笑)。

 

ピッチング同様、脱力した表情で答えてくれた。

この記事を書いた人

画像alt入ります

舟木 卓也 記者

平成25年NHK入局。水戸局、盛岡局を経て、スポーツニュース部。

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!