ストーリーパラスポーツ

右足だけでこぐ!期待のエース パラ自転車・川本翔大

2020-03-25 午後 02:09

パラ自転車で注目の川本翔大選手。トレーニングの拠点にしている静岡を中野淳アナウンサーが訪ね、その強さの秘けつを探ります。

 

川本選手は幼少期に左足にがんが見つかり切断したため、右足だけでペダルを操っています。

 

 

動画内では中野アナが片足こぎを体験。ところが引き上げたり踏み込んだりする動作がちぐはぐになってしまい、滑らかにペダルをこげません。一方、川本選手は右足だけでもペダルを引き上げ、美しいペダリングを実現しています。自転車はもちろんのこと、階段も右足だけで駆け上がるそのたくましさは、幼い頃からスポーツを続けてきたたまもの。高校時代には、なんと松葉づえを使って野球もしていたそうです。

 

そんな川本選手には、自転車競技をきっかけに始めたことがあります。「右足こぎ」に磨きをかけることにもつながっているあることとは?

 

 

 

※この記事は以下の番組から作成しています。
2019年12月2日「ハートネットTV
内容は放送時のものとなります。

 

東京パラリンピック「自転車」特設ページ公開中!

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!