ストーリーパラスポーツ

世界にはどんな選手が? 東京パラリンピック開会式から

2021-08-25 午前 01:40

東京パラリンピックが開幕しました!開会式では、日本語の50音順で、160を超える国や地域などから選手団が入場。今大会には、世界から、どんな選手たちが参加しているのか、ご紹介します。

自分らしい生き方を世界に発信する金メダリスト

 

イタリアの旗手を務めたのは、車いすフェンシングに出場するベアトリーチェ マリア・ビオ選手。リオデジャネイロ大会の金メダリストです。「べべ」の愛称で親しまれています。

 

 

ファッションモデルとしても活躍していて、インスタグラムのフォロワーは100万人以上!。「義手や義足はすごく素敵だから、かわいそうなんて思わずに、カッコイイと思ってほしい」と話していて「自分らしい生き方」を世界中に発信しているインフルエンサーです。

身長は2メートル46センチ!

 

イランの選手団の中で、注目を集めたのが、身長2メートル46センチのモルテザ・メヘルザードセラクジャーニー選手です。

 

 

イランは、これまでに、6つの金メダルを獲得しているシッティングバレーボール男子の強豪。モルテザ・メヘルザードセラクジャーニー選手は、今大会のチームの中心選手です。座った状態でもネットから頭が出るほどの圧倒的な高さで、チームを引っ張ります。

パラリンピック3連覇を狙う世界記録保持者

 

ドイツの選手団で最も有名なパラアスリートが、陸上・走り幅跳びのマルクス・レーム選手。今回の東京大会では、パラリンピック3連覇を狙います。

 

 

ことし6月には、義足で8m62㎝の世界記録をマーク。この記録は東京オリンピックの金メダリストの記録、8m41㎝を大きく上回っています。

日本は過去最多の選手 活躍に期待!

 

最後に入場した日本は、過去最多254人の選手が出場します。夏のパラリンピックとしては初めて、22の競技すべてにエントリーしています。

 

さまざまな障害のあるアスリートたちが、工夫を重ねて、限界に挑むパラリンピック。8月25日からは、22競技、539種目が行われます。選手たちの活躍に期待しましょう!

 

東京パラリンピックの最新情報は特設サイトで!

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!