ストーリーその他のスポーツ

一生に一度!?聖火リレーで地域のヒーローになろう!

2019-08-14 午後 01:36

ついに来年に迫った東京オリンピック。オリンピックと聞いて皆さんが思い浮かべるものは何でしょうか?選手たちの活躍はもちろんですが、忘れてはならないのが聖火リレーですよね!

世界が注目するオリンピックイベント「聖火リレー」に注目します。

いろんな形のトーチ!デザインに込められた意味とは

今ではオリンピックの定番行事となった聖火リレー。1896年にアテネで始まったオリンピックですが、実は、聖火リレーは1936年ベルリン大会から始まりました。

その後、歴代37本ものトーチが聖なる火を運んだのです。


トーチのデザインはその1本1本に開催国ごとの独特なメッセージが込められていますので、一部ご紹介しましょう。

 

 

2004年アテネ大会のトーチは平和と自由を意味する神聖な植物として、オリーブの葉をイメージした細長い形のデザインになっています。

 

また、平和への強い願いを訴えたトーチも多くありました。

 

 

例えば、1988年ソウル大会。2頭の龍がデザインされたトーチには、当時冷戦によって分断されていた朝鮮半島の統合を願う意味が込められています。


では、今回2020年東京大会のトーチのデザインにはどんな意味が込められているのでしょうか?

考え始めたのは2013年!?復興と希望をあらわす桜のトーチ

今回2020年東京大会のトーチをデザインしたのは、世界的なデザイナーで「光の魔術師」とも呼ばれている吉岡徳仁(よしおか とくじん)さんです。

 

 

なんと、まだ応募も始まっていない2013年からデザインを考え始めたのだとか!

被災した日本人が大変な状況でも助け合い、復興していく姿を表現したいと考えた吉岡さん。福島の人々を元気づけてきた樹齢114年の「100年桜」にヒントを得て、桜のトーチをデザインしました。そしてトーチの材料には、東北3県から集めた仮設住宅の廃材を使います。

 

 

春になって桜が全国で開花していくように、トーチは3月26日に福島県からスタートします!

1964年東京大会では、約10万人の聖火ランナーが走った!

1964年東京大会では、なんと10万713人もの聖火ランナーたちがトーチを運びました!当時、まだアメリカの占領下だった沖縄からスタートした聖火は、鹿児島に送られた後に宮崎を経由し北海道の千歳へ。そして、鹿児島、宮崎、北海道を起点とした合計4つのコースを通って最終目的地の東京へと向かいました。ランナーたちは、沿道の人々からの大歓声を浴びながらコースを走ったといいます。

そして全国を巡った聖火は、最終ランナーである坂井義則さんによって聖火台に灯されました。

 

 

坂井さんの誕生日は、1945年8月6日。広島に原爆が投下された日に生まれた当時19歳の青年でした。そこには、もう二度とあのような惨劇を起こさないという日本から世界へ向けた平和のメッセージが込められています。

2020年東京大会では、どのような聖火リレーになるのでしょうか?聖火リレーを作り上げるのは、全国の選ばれた聖火ランナーたちです。オリンピックに関われる一生に一度あるかないかの機会!その聖火リレーは誰にでも走れるチャンスがあるのです。

まるで英雄!?あなたも聖火ランナーになれるチャンス

聖火リレーにぜひ参加したいというあなたへ!参加条件や応募方法をQ&A形式でご紹介します。

 

Q. 参加条件は?

 

A.

●2008年4月1日以前に生まれた方
(※2020年3月1日時点で18歳未満の方は、保護者の同意書が必要)

●走行を希望する各都道府県にゆかりにある方
(住んだことがある/職場や学校がある等)

●自らの意思で火を安全に運べる方
(※介添者のサポートも必要があれば可能)

●国籍や性別は問いません

 

政治目的や宗教的メッセージを伝える人はお断りです。また、意外と知られていませんが、国会議員など公職にある方はなれないそうです。

 

 

Q. 1人のランナーは、どれくらい走りますか?

 

A. 1人あたりの走行距離は、約200メートルなので運動が苦手な方でも気軽に応募できます!

 

 

Q. 全員で何人くらい走るのですか?

 

A. ランナーの予定人数は、約1万人です。

 

 

Q. お金はどのくらいかかりますか?

 

A. 参加費は無料です。往復交通費や宿泊費は自己負担になります。

 

 

Q. 車いすを使用することはできますか?

 

A. できます。車いすに聖火トーチを接続するアタッチメントは組織委員会にて手配してくれますが、走行に必要な機器、器具、装備などはご自身での手配が必要です。また、身体障害者補助犬と走ることもできます。

 

 

Q. どうやって応募できますか?

 

A. 応募方法として、聖火リレープレゼンティングパートナーである4社と各都道府県実行委員会へHPから応募ができますので、調べてみてくださいね。
それぞれ各1回ずつ、最大チャンスは5回!ですが、走れるのは1回のみです。

 

 

Q. 募集期間はいつまで?

 

A. 2019年7月1日(月)から8月31日(土)までです。お早めに!

 

 

Q. 当選発表はいつですか?

 

A. 選考を行い、2019年12月以降に発表を行います。落選された方への落選通知はありません。

 

 

2020年3月26日からたくさんの人々の想いをのせて聖火が走り出します。7月24日にオリンピック開幕の火を灯すまで、協力して聖火を運ぶ全国のランナーたち。あなたもぜひ聖火ランナーとしてオリンピックという一大イベントに参加してみませんか?

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!