ストーリーサッカー

ブラジル連覇か? スペイン29年ぶり制覇か? サッカー男子決勝に注目!東京オリンピック

2021-08-06 午後 07:30

東京オリンピック・サッカー男子の決勝は8月7日夜8時30分キックオフです。

 

前回大会に続く金メダルを目指す、王者・ブラジル。29年ぶりの金メダルを目指し、若きスターを集結させた、スペイン。サッカー大国がぶつかる一戦を前に、注目の選手をピックアップしました!

サイドの攻防に注目!

ブラジルの主将 DFダニ・アウベス

 

ブラジルのキャプテン、38歳のDFダニ・アウベス選手。ワールドカップには2大会出場、ブラジル代表で4つの国際タイトルを手にした経験をもつ大ベテランですが、年齢制限のあるオリンピック代表には縁がありませんでした。

 

今回はオーバーエイジとして代表入りし、念願のオリンピック初出場。「この舞台に立たせてくれたことに感謝している。(年齢を重ねても)魂は若いままだ」という言葉通り、今大会は、予選リーグからすべての試合に出場し、右サイドバックとして、ほぼフルタイム出場しています。

 

 

準決勝では、右足からの正確なクロスボールで決定的なチャンスを作り出し、攻撃に厚みを持たせました。ブラジルは、準々決勝以降、相手の厳しい守備もあって1得点と持ち味の攻撃力を十分には発揮できていませんが、連覇がかかる決勝で、キャプテンを起点にしたゴールを決められれば、勢いに乗りそうです。

 

巧みな動きが光るFWダニ・オルモ

 

マッチアップが予想されるのが、スペインの左のFW、23歳のダニ・オルモ選手です。

 

今大会は1ゴール2アシストを記録。持ち味の縦横無尽の攻撃で、相手を押し込むことができるかどうか。また、相手が攻め上がってきた時の背後のスペースを、うまく使えるかどうか。サイドでの攻防は、見応えがありそうです。

得点王を狙うブラジルのエースは

ここまで5得点のFWヒシャルリソン

 

ブラジルの「背番号10」、24歳のFWヒシャルリソン選手は、準決勝までで5ゴール。得点王争いでトップに立っています。憧れは、元ブラジル代表FWロナウド選手。スピード感あふれる動きでゴールに迫ります。

 

日本の攻撃を抑えたDFパウ・トーレス

 

一方、スペインの守備陣は、DFパウ・トーレス選手DFエリック・ガルシア選手の2人がセンターバックとして、さらに、GKのウナイ・シモン選手が立ちはだかります。3人は、いずれも、年齢制限のないスペイン代表でも、レギュラーの選手たち。こちらの攻防も見応えがありそうです。

気になる連戦の疲労 選手起用も注目

決勝は、両チームにとって、大会6試合目。ともに猛暑の中で、中2日~中3日で試合を繰り返してきているうえ、準決勝は延長戦を含め120分を戦い抜いての決勝進出でした。主力選手の回復具合は、試合の結果を左右する大きな要素になりそうです。

 

途中出場でゴールを決めたFWアセンシオ(右)

 

注目は、スペインの選手起用。準々決勝では途中出場のFWラファ・ミール選手が3得点、準決勝でも途中出場のFWマルコ・アセンシオ選手が決勝点をあげ、交代選手が結果を出しています。控えにもフル代表経験者を抱える選手層の厚さはスペインの大きな強みです。

 

一方のブラジルは、途中出場した選手のゴールは予選リーグの1点のみ。決勝ではベンチを含めて決定力を発揮できるかどうかがポイントとなりそうです。

最後に歓喜の輪を作るのは?

ともに優勝候補の前評判通り、ここまで順当に勝ち進んできたブラジルとスペイン。過去のオリンピックでの対戦成績は1勝1敗。南米とヨーロッパの強豪どうしが対戦する決勝で、金メダルを手にするのは、果たして、どちらのチームになるでしょうか。

 

 

サッカー男子 決勝

ブラジル×スペイン

8月7日(土)午後8時30分キックオフ

NHKで中継予定!

 

NHK2020 サッカー見逃し配信はこちら

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!