ストーリーその他のスポーツ

オリパラ延期 課題に直面するアスリートの声

2020-04-03 午後 10:10

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、オリンピック・パラリンピックの1年程度延期という史上初の決定がなされてから1週間余り。未だ感染拡大の終わりは見えず課題は山積です。

 

3月29日放送のサンデースポーツ2020では、延期決定を受けて選手たちに取材。スタジオには競泳のメダリスト・北島康介さんとフェンシング男子で代表入りを目指す三宅諒選手を招き、アスリートたちが直面する課題について考えました。

北島康介さんが語る

オリンピック4大会に出場、アテネと北京で合わせて4つの金メダルを獲得した北島さん。オリンピック・パラリンピック延期という前代未聞の決定を受け、アスリートたちが今抱えているであろう思いを語りました。

北島康介さん

僕も現役時代にこんな経験ないですからね。本当に喪失感というか、本来あるべきものがそこからなくなってしまったという事は、残念で仕方がないです。

1年延期といわれていますが、実際のところ選手たちは「本当にオリンピックはあるのか」というくらい半信半疑に思っている選手もいると思います。

 

 

北島さん

その中で自分がどういう準備をしていくか。記録競技だったり対人競技だったりチーム競技だったり、それぞれでオリンピックに対してのモチベーションの上げ方は違うと思います。代表に内定していた選手とこれから代表に決まる選手によっても違う。
オリンピックとどう向き合って、来年また自分が競技するイメージを沸かせてトレーニングできるか。この1年間どういう準備をしていくのか。プランも多分変わってくると思いますので、選手にとっては本当に大きく状況が変わると思います。

アスリートたちを取り巻く課題

取材班は延期の決定を受けて様々な選手の声を取材。選手の多くは「延期はしかたない」と受け止めていました。しかし取材を進めると、それぞれが抱える戸惑いも見えてきました。

 

バドミントンの奥原希望選手は、世界的な新型コロナウイルス感染拡大により遠征が中止。イギリスでの大会を終えた後帰国し、自宅待機を続けているさなかに延期の決定を知りました。練習は4月1日再開予定。自宅待機でこれまでにない長い期間練習に取り組めなかったことで、プレー感覚にずれが起きないか不安を口にしていました。

 

奥原希望選手

奥原選手

もちろん残念な気持ちもあるんですが、世の中の流れなので逆らえないというか従うしかない。少しずつ心の中でもオリンピックが延期になるという準備をしはじめていたので、覚悟は決まっていました。
こんなにずっと家にいるのは初めての感覚なので、コートに戻った時が本当に怖いです。
(延期された1年を)成長する時間、意味のある時間にしたいです。

 

 

寺田明日香選手

 

昨シーズン、陸上女子100メートルハードルの日本記録を更新した寺田明日香選手は、5歳の娘を持つママさんアスリート。
30歳で初のオリンピック代表入りを目指す中での大会延期。それに伴い、練習時間の確保に影響が出ることが予想されています。寺田選手は現在、夜まで娘を託児所に預けて練習の時間を作っていますが、来年からは娘が小学生となり、夕方以降預けられる場所がなくなってしまいます。

 

また、30歳という年齢から体力面でも不安を感じています。

寺田選手

来年は31歳になります。突然ケガをするリスクもある。どうしても体は衰えていくものなので、難しい部分ももちろん出てくるんじゃないか。

 

 

原沢久喜選手

 

アスリートにとって、モチベーションをどう保っていくのかも大きな課題です。柔道男子で代表内定を得た原沢久喜選手は、東京大会を最後のオリンピックとして臨む決意を口にしています。
原沢選手は前回リオデジャネイロ大会で銀メダルを獲得した後、極度の不振に陥りました。次の五輪までの4年という長い年月、モチベーションをどう保つのかに悩まされ、休養を余儀なくされました。復帰後は練習環境を大きく変えるなど、モチベーションの維持に苦しみながらつかんだ代表の座。そこに1年の延期決定が舞い込みました。

原沢選手

今はちょっと悩んでいます。1回休んだ方がいいのか、休まず(1年後まで)行ったらいいのか…。1年間、丸々期間があるのは初めての経験なので、しっかり考えていかないといけない。

 

 

素根輝選手(右)と兄・勝さん(左)

 

選手をサポートする人たちも課題に直面しています。
柔道女子で代表内定した素根輝選手の兄、勝さんは素根選手の練習パートナーを務めています。
柔道整復師の勝さんは24歳。去年鍼灸師の資格取得を一時中断し、素根選手の大学進学に合わせて地元の福岡から岡山に移住しました。大学の整骨院で働きながら、素根選手をサポートし、今年東京大会を終えたら地元に戻る予定でした。

素根勝さん

2020年でひと区切りとして見ていたので…。延期になると色々と考えなければいけないと感じます。自分も資格を取りたい気持ちもあるので。(素根選手は)目標は変わらない、それに向かって頑張っていくと言っているので。そこまでは自分ができることをしっかり、妹のサポートをしていきたい気持ちはあります。

選手選考、財政、様々な課題が

フェンシングでロンドン大会銀メダルを獲得した三宅諒選手は、NHKのスタジオに来て生放送で率直な言葉を語ってくれました。

 

まず語ったのは、大会がいきなり遠ざかってしまったことへの「喪失感」でした。

 

三宅諒選手

選手の皆さんSNSなどで、ポジティブなコメントを出されている方も多いと思うんですけれど、僕の本当に率直なところで言うと、1年前からカウントダウンして練習に臨んでいた中で、ようやく近づいてきた試合が急に先に行ってしまった。やはり喪失感が大きいというのが率直な感想です。

 

選手選考はどうなるのか、競技日程は…。決まっていないことだらけの中でさらに三宅さんを悩ませるのが、「お金」の問題です。日本フェンシング協会では、遠征の費用は各選手の全額自己負担となっています。1年後に向けてどうお金を用意していくのか、競技の外での課題にも向き合わなければいけないと言います。

 

三宅選手

遠征は全額自己負担なので、この1年、企業に所属している選手は企業との相談になると思います。僕は個人でスポンサードを受けながらやっているので、また来年のスポンサー集めからスタートするとなると、すごく気の遠くなるような話です。まずそこから頑張らなくては…というのが今の現状ですね。

それでも前を向くアスリート

その後オリンピックは来年7月23日開幕、パラリンピックは来年8月24日開幕が決定。未だ新型コロナウイルス感染拡大の終わりが見えない中、課題は山積しています。それでも、アスリートたちはメディアの取材やSNSなどを通じて今の思いを発信。前向きに今できることを続けています。

バドミントン 奥原希望選手

「スポーツの良さは勇気や希望。明るいニュースを届けるのがアスリートの使命のひとつだと思っています。それに、アスリートはすごくポジティブ。そのポジティブさを皆さんに伝えられたら。」

カヌー 羽根田卓也選手

「なにより今は新型コロナウイルスの収束が最優先。この戦いに必ず勝利して、来年日本から世界中に感動と笑顔を届けましょう。コロナに負けるな。頑張れ日本。」

パラアーチェリー 上山友裕選手

「コロナウイルスの問題で、今までオリンピックに興味ないと言っていた人たちも、注目する大会になるはずなんですよね。それを成功させることで、日本も強いし世界も強いというところ見せられるはず。スポーツから発信して、世界を元気にさせていければいいなと。」

競泳 入江陵介選手

「オリンピックは、自分の結果がよければいいというものではない。平和の祭典でもあり、世界の人々が笑顔になれる。笑顔で日本に来てもらって、レースを見てもらえたらうれしいかな。そういう場になれるように、今自分ができる事を精一杯やっていきたいなと思います。」

 

 

イブラヒム・フセイン選手

 

シリア出身で、難民選手団として東京大会の出場を目指していた、パラ競泳のイブラヒム・フセイン選手。
大会の延期を受けて、番組にメッセージを寄せてくれました。

 

「スポーツや大会は、東京が通常になれば戻ってくるという希望があります。人類、そして未来を信じて。みんなにとってスポーツの仲間たちにとって、より良い明日を信じています。」

 

 

不安が広がる中で、1年後という新たな目標に向かって発信するアスリートたち。最後に三宅選手と北島さんは次のように語りました。

三宅選手

今SNSでいろいろな選手が自宅でできるトレーニングを発信していますよね。やはり「元気でいる」というのは結構アスリートにとって大事な事だと思うので、自分が元気に活動していて、そしてオリンピックを目指していることをみなさんに知って頂ければと思います。みんなにオリンピック・パラリンピックを注目していただけることを信じて、頑張りたいと思います。

 

 

北島さん

今回「アスリートファースト」という言葉が多くの人に知られたことからもわかるように、アスリートの発信力はすごく大きいものだと思っています。彼らが発信する事によって、また多くの人たちを巻き込む。笑顔でオリンピックを迎え成功するために、力を合わせて一緒になって頑張りたいと思います。

おすすめコンテンツ

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!