ストーリーパラスポーツ

見逃すな! 今もっとも"キュンキュン"するパラアスリートたち

2018-03-15 午後 0:00

”It”な(イット:最も注目度の高い)パラアスリートはどんな人?NHKの障害者キャスター・リポーター公募で選ばれた三上大進さんが、いま一番”キュンキュン”させてくれるパラアスリートたちを独自の視点で選びました!

 

大進さんは元化粧品会社社員。その”美”についての鋭い感性を生かし商品の企画や開発に携わってきました。そんな大進さんが今、最も”キュンキュン”しちゃうパラアスリートたちをここで一挙にご紹介します。題して「”It”な、きゅんパラアスリート」!

男性編

 

12日にスノーボードクロスで銅メダルを獲得した成田緑夢(ぐりむ)選手。大進さんがキュンキュンするのは成田選手の見事な腹筋!パックリきれいに6つに割れています。やっぱりアスリートは脱ぐとスゴイんですねえ。

 

 

続いては「写真撮影でキュン!」。こちらはパラアイスホッケーの堀江航(わたる)選手。髪もパーマがかっていて、無精ひげも生えていて一見ワイルドなルックスですよね。

 

 

でも大進さんが堀江選手の見送りで羽田空港に行ったとき、写真撮影しようとしたら、堀江さんの方から肩をグッと抱いて「くっつかなくていいの?」と言ってくれたそう。うれしくなった大進さんが、ギュっとくっついて撮ったのがこの写真です。「こんなにワイルドなのにちょ~優しい!」というのが大進さんの”どキュン”ポイント!

女性編

 

今大会、日本選手として初めてのメダルを獲得した村岡桃佳(ももか)選手。NHKのユニバーサル放送番組「みんなで応援!リオパラリンピック」メインパーソナリティーの三宅健さん(V6)の大ファンです。大進さんが注目したのは、村岡選手が遠征先に必ず持っていくというカップラーメン!海外の食事に飽きたときのために持参するのだとか。女子らしくチョコレート、なんて言わずに、素直にカップラーメン持っていっちゃうところが”狙っていない”感じがしてキュンキュンするそうです。

 

 

続いてはクロスカントリー/バイアスロンの阿部友里香選手。阿部選手はコーチとの間でこんな合言葉を交わしています。「ノー スイーツ ウィズアウト スウェット」(=汗をかかなかったら、甘いものはお預け)。これはかなり食べるものには気をつけてヘルシーで女子的な食生活を送っているのか、と思いきや・・・

 

 

阿部選手、めっちゃ食べてます!ブログを見るとパフェにラーメンにビビンバ・・・ガッツリいってます。ストイックそうに見えて食べるものはしっかり食べている阿部選手のギャップに大進さん、キュンキュンです!

 

 

クロスカントリー/バイアスロンの新田のんの選手、20歳。将来の夢は美術教師ということで、現在大学で美術を学んでいます。新田選手は、座って滑るためのシッティングスキーの購入費や海外への遠征費を、クラウドファンディング(インターネットを通じて資金を募ること)でまかないました。

 

 

そして資金を提供くださった方にはお礼として、なんと自分でデザインしたポストカードをプレゼント!支援に対するお返しに、自分の才能を上手に生かしている点が、大進さんにキュンキュン響きました!

 

 

キュンキュンさせてくれるパラアスリートが目白押しのピョンチャン大会。まだまだ目が離せません!



※こちらは、2018年3月15日に公開された記事です。内容は公開時のものとなります。

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!