ストーリー野球

阪神 青柳晃洋 “変則ピッチャー”の誇りを胸に 東京オリンピックで金メダルに挑む

2021-07-07 午後 04:40

子どものころに憧れていた西武の松坂大輔のような「本格派」にはなれなかった。

 

それでも「人と違うことが取り柄」「自分だけの武器」と呼ぶ“変則フォーム”で、野球の日本代表として、東京オリンピックで金メダルに挑むピッチャーがいる。阪神の青柳晃洋(27)だ。(記録は7月5日時点)

“雨柳さん”が驚きの代表選出

 

青柳は今シーズン、ここまでチームトップの7勝をあげ、防御率はリーグトップの2.02と、抜群の安定感でチームを支えている。球界屈指の“雨男”で知られ、“雨柳さん”というニックネームで呼ばれるなど、ファンからも愛される選手だ。

 

 

ただ、プロ6年目でふた桁勝利をマークしたことはなく、タイトルなどの実績もない。ほかの内定メンバーは、楽天の田中将大、ソフトバンクの千賀滉大など、そうそうたる面々で、実績や知名度で劣ると感じる青柳にとって驚きの代表選出だった。

 

青柳 晃洋 投手

阪神ファンの中ではある程度、知名度はありましたけど、日本代表の投手陣の中では一番下だと思う。日本全国で見たら、ぼくなんかまだまだだなと。

武器は “クオータースロー”

 

控えめなことばの一方で、「自分だけの武器」と自信を持つのが、“下手気味のサイドスロー”という自身の変則フォームだ。150キロ近いストレートやツーシームを独特の球筋で投げ込み、詰まらせて打ち取るピッチングが持ち味だ。

 

青柳のフォームは「クオーター(4分の1)スロー」と呼ばれている。オーバースローとサイドスローの中間から投げるのが「スリークオータ-(4分の3)」。

 

 

これに対し、サイドスローとアンダースローの中間から投げるということで、大学時代の友人に名付けられたそうだ。青柳自身は「ぼくは呼んだことはないです」と笑う。

 

「クオータースロー」が生まれたのは、野球を始めて間もない小学6年生。地元、横浜高校卒のヒーロー、松坂大輔に憧れていた青柳少年がピッチャーとして練習を始めたときだった。

 

青柳 晃洋 投手

野球を始めたころに松坂投手をずっと見ていたので、ぼくも上から思い切り、すごいボールを投げたかった。

 

しかし、松坂のように投げようと思っても、なぜか腕が斜めから出てしまう。理由も分からず、練習してもまったく直らなかった。それであればと、当時のコーチが教えてくれたのがサイドスローだった。これが運命の瞬間となった。

青柳 晃洋 投手

1球目から今の投げ方のようにきれいにできました。中学生までは好きな投げ方ではなかったけど、サイドスローの中でも球速が出るほうだったので高校のころから通用するようになり、だんだん“嫌”から“自分だけの武器”に変わりました。

“魔球”との出会い

 

“クオータースロー”をひっさげてプロ入りした青柳だったが、先発の一角として初めて起用されたおととし、壁にぶつかった。右バッターは被打率1割台と抑え込んだ一方、左バッターには3割3分2厘と打ち込まれたのだ。

 

一般的に右投げのサイドスローは、左バッターからボールの出どころが分かりやすく、タイミングが取りやすいと言われる。その弱点につけ込むように、対戦相手が左バッターを9人そろえた試合もあった。


「このままでは先発ピッチャーとして1年間活躍することができない」

 

青柳はこの年の秋のキャンプで臨時コーチとして来ていた山本昌に指導を仰いだ。

 

 

「シンカーってどうやって投げるんですか」

 

シンカーは、左バッターのアウトコースへ逃げる変化球だ。青柳が試合で最も投げるツーシームも、同じような変化をするが、シンカーはツーシームに比べて曲がり幅が大きく、球速も遅いため、緩急をつける効果があった。

 

 

臨時コーチの山本から教わったのは2人のピッチャーのシンカーの握りだった。ヤクルトの抑えとして活躍した高津臣吾。それに西武の黄金期を支えた潮崎哲也だ。2人とも右の変則ピッチャーとして活躍し、“魔球”“伝家の宝刀”と呼ばれるシンカーでバッターを手玉に取った。

 

握りを教わった青柳はキャッチボールからシンカーを投げる感覚や体の使い方を意識するなど習得に励んだ。

 

青柳 晃洋 投手

ぼくとレベルが違いすぎるので、あそこまですごいシンカーには到達できてないけど、目標として頑張っています。本当にうまくいったときは左ピッチャーが投げるカーブくらいきれいに斜めに曲がります。

1つ秀でたものがあれば…

 

山本に教わってから1年半、そのシンカーが今、効果を発揮している。コントロールが抜群によくなって、ストライクゾーンで勝負できるようになったこともあり、ツーシームにタイミングを合わせてくる左バッターに対して、シンカーでタイミングを外すシーンが増えた。対戦成績にもはっきりと表れていて、今シーズンは左打者の被打率は2割1分2厘と大幅に向上した。

 

 

日本代表監督の稲葉篤紀も変則フォームから投げるシンカーに期待する。「豪快に振ってくる外国のバッターにとっては、シンカーという特殊なボールは初見では打ちづらい」

 

中学校では控えピッチャー。神奈川の川崎工科高校では甲子園の出場経験もなく、野球エリートだったわけではない。そんな青柳は変則フォームを持ち味に日本代表でプレーすることを通じて伝えたいことがある。

 

青柳 晃洋 投手

人と違うことが取り柄だし、1つでも秀でたものがあれば見てくれている人がいる。自分の得意なものをしっかり伸ばせば、大舞台まで来られるということを見てほしい。金メダルを取るために、与えられたポジションで全力で頑張りたい。

この記事を書いた人

画像alt入ります

足立 隆門 記者

平成25年NHK入局。大阪府出身。
甲府局、山形局を経て、大阪局スポーツ。オリックス担当を経て阪神を担当。趣味は剣道(二刀流)。

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!