ストーリーサッカー

常にカメラを意識!?槙野智章 サッカーへの熱いキモチ

2018-06-29 午後 0:00

日本代表として活躍する浦和レッズの槙野智章選手。その強さのヒミツや槙野選手だからこそ語れる日本代表の裏話などをご紹介します!

鉄壁の守備の鍵はびよ~んと伸びる?身体

 

槙野選手のポジションは、ディフェンスの要、センターバック!
その役目は、エースキラー!相手のエースの動きを封じ、試合の流れを大きく変えます。

 

その最たる特徴は…「びよ~ん」!?
というのも、「そんなところから!?」というところから足がびよ~んと伸びるのが槙野選手なのです!一度槙野選手をかわしたと思っても、さらに足が伸びてくるのです。

 

しかも、伸びるのは足だけではなく、腕まで!一対一でのボール奪い合いでは、海外の体格の良い選手までも伸ばした腕の力で吹っ飛ばすこともあります。

 

 

このびよ~んな身体は、槙野選手がストイックにトレーニングしている賜物。

 

トレーニングの締めには、酸素の薄い高地を再現した室内で、時速20キロ超で30秒ダッシュを6本繰り返しているのだとか。1歩出る、1メートル速く戻るという部分で全然違うのだそうです。

絶対写ってやる!?カメラ位置を徹底チェック

 

槙野選手の代名詞と言えば、ユニークなゴールパフォーマンス!
槙野選手が自分ですべて考えているのですが…そのアイデアの素は、お笑い芸人にあるのだとか!!
槙野選手は芸人さんとの交流が深く、よく飲みに行ってはヒントをもらっているのです。

 

 

さらに、試合前のウォーミングアップの時間にはカメラの位置をしっかり確認し、ゴールパフォーマンスはばっちりカメラの前で!チームのメンバーもカメラの位置に誘導しています。それは、少しでも国内の選手達が写り、国内のサッカーが盛り上がることを意識しての行動なんだそうですよ。

 

槙野選手の目立ちたがりは幼少期から。幼いころの写真では、絶対に真ん中を譲っていません!さらに、香川選手や本田選手など、メディアが狙っている選手の横を常にキープ!いかなる瞬間も、カメラに映る場所を意識しているのです!

 

香川選手のとなりをキープ!

 

やっぱり香川選手のとなり!

移動中はDJ槙野に変身!

 

サッカーの試合も、ゴールパフォーマンスにも全力な槙野選手ですが、移動中もムードメーカーとしての力は健在!「DJ槙野」として、曲を選び、チームでノったり歌ったりしやすい雰囲気を作っているのだそう。

 

DJ槙野の選曲次第で、バスやロッカールーム内の雰囲気が大きく変わります。そう、これはとても重大な役割なのです!

 

DJ槙野は、試合のポイントになる選手をターゲットとして、年代や認知度に合わせて選曲し、全体のムードだけでなく、特に緊張している選手にエールを届けています。

槙野選手が語る!日本代表の知らない世界

 

槙野選手が語る日本代表の裏話も興味深い!

裏話その①じつはムードメーカー 本田圭佑選手!

ストイックで真面目なイメージの本田選手ですが、槙野選手によれば食事会場では誰よりも大きな声で話し、笑い、手をたたき、周りを巻き込んで雰囲気を盛り上げる選手だそうです!

裏話その②朝食前は必ず全員と握手をしていた!

ハリルホジッチ監督時代のエピソードですが、監督のアイデアで、選手同士で意思疎通を図るため、朝食前にはしっかりと握手。スタッフ含め、全員と握手するのが、当然になっていたそうです!

裏話その③背番号はじゃんけんで決まる!

 

日本代表のユニフォームの番号は、基本的に希望制。希望が重なったら公平にじゃんけんで決まることになっているそうです。

でも、槙野選手が望んだ10番を、香川選手も希望した際には、後輩にもかかわらず「お前なんかに日本の10番を背負う覚悟はあるのか!」と問われ、その圧の強さに10番を譲ったそう。

 

 

槙野選手は今、浦和レッズに入団した当初の番号である20番を背負っています。

我慢を教えてくれた「ドイツのお父さん」

 

23歳でドイツリーグに移籍した槙野選手。
槙野選手がドイツに来て週に4日通ったのは、内藤さんが営む日本食レストランでした。初めての異国で不安な槙野選手にとって、気軽に話せる内藤さんは「ドイツのお父さん」ともいえる存在だったのです。

 

しかし、ドイツリーグ移籍後、槙野選手は結果を出せず、初めての挫折を経験しました。レストランに来ても口数が少ない状態が3か月も続いたそうです。

 

そんな槙野選手に、ある日内藤さんは「我慢が必要」だと話しました。レストランの開店当初はお客さんが1日数人だったこと、レストランを立て直すため、ドイツ人の口に合うメニューの開発に明け暮れたことを話し、我慢を続け一日一日を無駄にしないことが大切だと伝えました。

 

今できることを精一杯やろう」そう思いなおした槙野選手は、試合には出られなかったものの、腐ることなく地道な練習を続けました。その日々は、確実に槙野選手を強くしました。そして、槙野選手は誓います。内藤さんをワールドカップに招待する、と。

 

ムードメーカーでいつも明るく、ときに、お調子者にも見える槙野選手。しかしその裏には真面目でチームや日本サッカー界を真剣に考えている誠実さがありました。

ロシア大会で初のワールドカップ日本代表に選ばれた槙野選手。ピッチ内でもピッチ外でもその活躍に期待しましょう!

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!