ストーリーバスケットボール

バスケ Bリーグファイナル! 麒麟・田村裕さんと佐々木クリスさんが語るみどころ

2021-05-28 午後 04:30

バスケットボールBリーグ。今シーズンの王者を決めるファイナルが5月29日土曜日から始まります。

ことしは4シーズンぶりの優勝を狙う宇都宮ブレックスと初優勝を目指す千葉ジェッツの対戦となりました。宇都宮はレギュラーシーズンを東地区1位で終え、ポストシーズンも4連勝でファイナルに進みました。一方千葉はその宇都宮に次いで東地区2位。ポストシーズンのセミファイナルでは琉球と激闘を演じ、2勝1敗で勝ち上がってきました。

今シーズンの優勝はどちらか。芸能界きってのバスケ通、麒麟の田村裕さんとBS1「熱血バスケ」でおなじみ、バスケットボールアナリストの佐々木クリスさんに、一風変わった(?)視点から見どころを聞きました。これまでバスケットボールにあまり興味がなかった人も、こんなふうに見たら楽しめるかも…。そんな発見が満載です。

「山」の宇都宮vs「海」の千葉! byクリス

最初の質問は佐々木クリスさんに。ずばり「ファイナルに進んだ両チームをひと言でたとえてください!」

佐々木クリスさん

宇都宮は「山」のようなチームで、千葉は「海」のようなチームです。

 

 

確かに、栃木県は那須岳など山がきれいで、房総半島がある千葉県は海のイメージがありますが…。そのこころは?

クリスさん

山はずっしりとしていて崩されることはない。相手によって動かされるのではなくて、自分たちはあくまでも自分たちの中心に居座り、全員で団結しているチームだと思います。時に噴火すれば猛々しい攻撃も発揮する。そういうチームです。

 

さらに、クリスさんは「山」のチームを守る「神」のような存在がいると言います。

 

PF/C ライアン・ロシター選手

クリスさん

ライアン・ロシター選手が雲よりも上のところにいると思います。ロシター選手がチームに精神的な安定感をもたらしてくれるので、ジェフ・ギブス選手が自由に自分の個性を爆発させたり、比江島慎選手が自由に得点を取りにいったりできる。周りを気遣うことはロシター選手がやり、ほかの選手はあなたが一番得意なことをやりなさい。大きな調整役をロシター選手がやっていると思います。

 

一方、「海」に例えられた千葉については。

クリスさん

海は非常に底も深く、広大で底知れぬ力を持っている。僕が海と例えるのは、海から蒸発して雲になり雨になり川になり、自分たちの表現を変えられるから。そのように、千葉は相手にあわせた攻撃の順応のしかた、守備の順応のしかたができます。

 

PG 富樫勇樹選手

クリスさん

千葉は富樫勇樹選手で攻める。彼のシュートが外れても納得せざるをえないくらい、富樫選手のチームでいこうとチームを作ってきた。でも、今は富樫選手を止めても勝つパターンがあります。シャノン・ショーター選手などがいることが強み。セミファイナルでも琉球相手に富樫選手が大爆発したかと言われるとそうでもない。それだけ千葉は総合力が高いんです。

「カツ丼」の宇都宮 ×「冷やし中華」の千葉? by田村

一方、麒麟の田村裕さんは両チームをどうたとえたのでしょうか。

麒麟・田村裕さん

宇都宮はカツ丼。千葉は冷やし中華かな。

 

田村さん

宇都宮はどっしり構えて外れのない、カツ丼。

千葉は状況にあてはめた時のポテンシャルのすごさはとんでもない。これ食べたいって言う状況では代えのきかない、冷やし中華ですね。

カツ丼 対 冷やし中華。みなさんがそう思ってくれるかどうか不安ですけど…。

 

カツ丼の宇都宮については?

田村さん

宇都宮が本調子だったら強すぎますね。今年は盤石過ぎる。シュートもしっかり入り、リバウンドもしっかりとれて、となったら終始宇都宮ペースになるかも。

 

一方、冷やし中華の千葉。選手たちを具に例えてもらうと。

 

PG/SG コー・フリッピン選手

田村さん

富樫選手は見たことがないくらい薄切りで、華やかさを増してくれているチャーシュー。料亭で冷やし中華頼んだら出てくるようなすてきな具です。コー・フリッピン選手はからし的存在だと思うんですよ。いわば“味変”ですね。

80点を超えるような、アップテンポな試合になったら千葉に分があるかなと思います。

勝負の分かれ目はここだ!

ここからはまじめに!?ファイナルを展望してもらいました。

クリスさん

まずは初戦の入り方、最初の5分は非常に大事だと思います。3戦やって2戦先勝方式ですから、初戦をとったほうが精神的に優位になれます。

その中で宇都宮が千葉の「ジェットエンジン」である富樫選手をいかに気持ちよくプレーさせないか、ここは何より大事なことだと思います。

田村さん

一番大事なのはリバウンドだと思います。リバウンドの本数はそのまま勝敗に直結するくらい大事。

単純に高さで言うと千葉だと思うんですけど、経験値や勢い、メンバーがずっと変わってない信頼関係、そういうところで宇都宮は強い。それは絶対に両チームはわかっているので、ゴール下のやり合いはとんでもないことになると思いますよ。見応えはそこにあると思いますね。

ズバリ!勝つのはどっち?

クリスさん

2勝1敗で宇都宮だと思います。元来持っているディフェンスの安定感。貫き通してきた全員バスケット。これがポストシーズンになって非常に極まってきて、またセミファイナルでは最大のライバルである川崎に勝って進出した。リーグ一番の安定感を見ると、宇都宮と言わざるを得ないかなと思います。

田村さん

本当に難しいんですけど、どうせクリスは宇都宮って言ってると思うんで(笑)僕は千葉とさせてください。上がり調子でいうと千葉かな。宇都宮はセミファイナルで調子が良すぎたんですよ。自分たちのペースで試合を運べなかったときに、いまノっていて個々で打開する力がある千葉がポンポンといっちゃうんじゃないかな。千葉2連勝!千葉が2連勝でことしのファイナルは決まります。

 

NHKでは総合テレビとBS1でファイナルを中継します。ぜひご覧ください!

Bリーグ チャンピオンシップ ファイナル 宇都宮vs.千葉

5月29日(土)午後2:55【総合】第1戦

5月30日(日)午後2:50【BS1】 第2戦

6月1日(火)  午後7:00【BS1】第3戦

 

#バスケ沼にようこそ! Bリーグ関連番組はこちら

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!