ストーリー野球

プロ野球 西武 若林楽人 パ・リーグ史上初めてルーキーで盗塁王なるか!? 

2021-05-26 午後 09:00

プロ野球・西武のドラフト4位ルーキー若林楽人(23)が足で存在感を見せている。5月22日には両リーグ最速で20盗塁をマーク。

 

「こんなに走れるとは思ってなかったが、どんどん成長できています」という23歳の勢いは止まらない。※記録は5月23日現在。

開幕から活躍も「もっとできる」

5月22日の西武対日本ハム 若林選手が二塁への盗塁を決める

 

開幕1軍をつかんだ若林は主に1番として40試合に出場。打率2割7分9厘、出塁率3割4分3厘はルーキーとして十分に合格点。そして盗塁は両リーグトップ20個をマーク。それでも本人は満足していない。

 

若林 楽人 選手

1番バッターとして、レギュラーとして戦う上で、チームの勝利がなかなか取れたり取れなかったりと厳しい状況が続いています。だから、もっともっとやらないといけないなという感じです。

目指すはルーキーで盗塁王!

 

北海道白老町出身の若林は、ことし日本球界に復帰した田中将大投手と同じ駒大苫小牧高校から駒沢大に進んだ。名前の楽人(がくと)は雅楽奏者の指揮をとる中心的存在の意味がある。その名の通り、高校と大学でキャプテンを務めた。

 

新入団発表でポーズをとる若林選手(前列左から2人目)

 

50メートル5秒8の俊足に、パンチ力のあるバッティング、それに遠投125メートルの走攻守が三拍子そろった選手として去年のドラフト会議で4位指名された。そして新入団選手会見で、若林が色紙に書いた目標は盗塁王だった。パ・リーグでルーキーが盗塁王を獲得したことは一度もない。

有言実行で次の塁をどん欲に狙う

3月30日の日本ハム対西武 若林選手が二塁への盗塁を決める

 

春のキャンプでも若林は「常にチャレンジ精神を忘れず、思い切りプレーしたい。中でもファンの方には特に盗塁に注目してほしい」と話した。

 

そのことば通りシーズンが開幕すると、3月30日の日本ハム戦でプロ初を含む2盗塁をマーク。

 

その後も順調に数を増やし、4月18日のソフトバンク戦では強肩で知られるソフトバンクのキャッチャー甲斐拓也選手からも盗塁を決めた。

若林 楽人 選手

盗塁に関しては上出来かな。甲斐選手はすばらしいキャッチャーなので、少しでも自信にしたいです。ここまでしっかり全力で走れているというか、速く走れればセーフになるので、あまり細かいことを気にせず、自分のフォームでしっかりスピードを持ってベースまでいけています。

最速163キロ右腕を俊足で崩す

5月16日のロッテ戦では最速163キロの佐々木朗希投手と対戦。2本のヒットを打ち、いずれも二塁への盗塁を決めてプレッシャーを与えた。

 

若林 楽人 選手

佐々木投手はとてもすばらしいピッチャーだが、僕は僕でやれることをしっかりやるという気持ちでやらせてもらいました。ただあれだけ注目されるのは、すごいと感心しました。自分もあれくらいファンの応援をもらえるような選手になれれば。

辻監督「もっと盗塁を決められる」

4月29日の西武対ロッテ 若林選手が二塁への盗塁を決める

 

強力打線で知られる西武だが、開幕直後から主軸がけがで相次いで離脱した。このため辻発彦監督は機動力を生かした攻撃で活路を見いだそうとしている。この結果、チームの盗塁数49は12球団トップ。その象徴的な存在が若林だ。

 

辻 発彦 監督

1年目で投手のタイミングや癖がまだわからない状態で、手探りでやっていると思います。それでも彼には思い切り行く勇気がある。これからさらに走塁コーチと話をしながら、投手のタイミングとか、いろんなことを勉強して、いいスタートを切れるようになれば、数多くの盗塁がもちろんできるでしょう。

“宇宙人”が悔しさを見せる

 

辻監督は若林のことを「話を聞いているかいないのかわからない。半分“宇宙人”だと思ってる」と評する。その若林が悔しさを見せた試合があった。5月19日のソフトバンク戦は6打数3安打も、凡退した打席はことごとくチャンスだった。1点を追う9回はツーアウト一塁二塁の場面で見逃し三振。試合終了後、しばらくベンチに座って肩を落としていた。辻監督は、期待を込めて、1つ注文をつけた。

辻 発彦 監督

打つ方も積極的に振れるバッターなので、しっかりバットを振れるのも魅力。その中で、もうひとつ粘りや、追い込まれたあとのしつこさ、状況に応じてのバッティングが身につけば、すばらしい1番バッターになります。1年目、23歳にしたら、すごいと思います。いろんなことを勉強中なんで、どんどん失敗してもらってかまわない。その失敗を次に生かすために努力していけば、本当にすばらしい選手になるよ。

1番定着を目指す、その先には

5月22日の西武対日本ハム 若林選手が三塁への盗塁 この試合3個目の盗塁

 

西武では去年の平良海馬投手に続く新人王について話題を振ると「取れるとは思っていない」とはにかんだ。おととしまで秋山翔吾(現大リーグ・レッズ)が主に座っていた1番。それ以降、固定できていないこの打順を俊足の若林が務めることができれば、相手チームのピッチャーにとって脅威になるのは間違いない。

 

若林 楽人 選手

周りにもすごいルーキーがいっぱいいるので、ちょっとでも負けないように意識して、チームのために次の塁を取る、盗塁はチームのための全力プレーだと思うので、盗塁頑張ります。  

この記事を書いた人

画像alt入ります

持井 俊哉 記者

平成26年NHK入局

北九州局を経て、スポーツニュース部。小1から剣道をはじめ、現在、5段。「打って反省、打たれて感謝」をモットーに何事にも謙虚に誠実にチャレンジすることを目指す。

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!