ストーリーサッカー

やっぱりキング・カズはすごかった!三浦知良 "11"の伝説

2019-03-23 午後 0:00

Jリーグ発足当時からプレーを続ける唯一の現役選手である三浦知良選手。
キング・カズの愛称で知られ、日本のサッカー界を大きくけん引した一人です。

今でも現役のカズ選手は、まさに生きる伝説!これまでにも驚くような武勇伝をたくさん残しています。

やはりキング・カズはすごい!!と思えるようなエピソードを、カズ選手といえば…の背番号“11”にちなんで厳選してご紹介いたします!

【1】15歳にして単身ブラジルへ!

1982年、カズ選手は15歳で高校を中退し、ブラジルへの単身サッカー留学を決めました。
大いなる決意で所属したのはCAジュベントス。カズ選手はここで地道に技を磨きました。

【2】18歳で名門・サントスとプロ契約

15歳からブラジルで3年間成長した結果、1986年にはペレが在籍した名門「サントスFC」とプロ契約!サッカー王国ブラジルでプロになった日本人第1号でした。

 

 

さらに、1986年に行われた日本代表の強化試合では、当時所属していたパルメイラス(サントスからレンタル)の選手として凱旋、日本代表と対戦し話題になりました。

【3】日本人選手として初の年俸1億円越えで読売クラブへ!

ブラジル時代には、日本人初ゴールを決め、サッカーを見る目が厳しいブラジル人サポーターの人気も集めました。

8年間の留学を終えて日本に帰国すると、1990年に東京ヴェルディの前身である読売サッカークラブと契約します。このころ、Jリーグはまだ発足していませんでした。

 

読売クラブ残留を決め記者会見に臨むカズ選手

 

そして1992年、2年後の契約更新でカズ選手は日本人選手としてはなんと最高額の1億円を超える年俸で再び読売でのプレーを決めたのです!

【4】日本を初のアジアカップ優勝に導く

 

1992年、カズ選手は日本代表を初のアジアカップ優勝に導き、さらにその大会ではMVPを受賞。また、アジアイレブン賞を受賞し、海外にもその存在をアピールしたのです!

さらに、第1回Jリーグカップでは得点王に輝き、ヴェルディ川崎を優勝に導くなど、もちろん国内でも大活躍!
1993年、全国のサッカー担当記者が選ぶ前年度の年間最優秀選手に選ばれます。誰もが納得の受賞でした。

とてもここには書ききれないほど受賞数…すごい、すごすぎる!

【5】プロ野球を抜いてスポーツ界一の高額納税者となる!

1994年、長者番付として知られる高額納税者の分野別では、プロスポーツ部門でカズ選手がトップとなります。これは、それまで5年連続で1位だったプロ野球の落合博満選手を抑えてのことでした。ちなみに、その納税額は1億3千7百万円だったとのことです!!

【6】日本人初、セリエAのジェノア入団

Jリーグで大活躍していたカズ選手は、1994年に一つの夢をかなえます。
それが、イタリアのプロリーグ「セリエA」でのプレーです。

 

 

27歳のカズ選手にとっては最後のチャンスだとクラブ側を説得し、1年という期限付きの移籍となりました。カズ選手のセリエAでのプレーは、日本人初!

当時、世界最高峰とも言われたセリエAで、カズ選手はゴールをしっかりと決め、爪痕を残しました。

【7】プロ20年で代表91試合56得点を記録!

1998年、あのドーハの悲劇から4年後、ついに日本は念願のワールドカップ初出場をつかみます。そのアジア最終予選で活躍したのがカズ選手です。

 

 

アジア最終予選の初戦、ウズベキスタンではなんとカズ選手が4ゴールも決め快勝!

日本代表として91試合56得点を記録するほか、Jリーグでも2000年には通算100ゴールを達成するなど、日本のサッカー界に大きく貢献しています。

【8】世界クラブ選手権に日本人として初出場!

第一線を走り続けてきたカズ選手も、2005年には38歳に。しかしカズ選手の挑戦は終わりません。
ブラジル、イタリア、クロアチアに次ぐ4か国目の海外プレーの地となったのはオーストラリア。世界クラブ選手権に日本人として初出場を果たしました!

【9】ゴールを決めた最年長選手としてギネス認定!

 

2017年、J2の横浜FCに所属するカズ選手は、50歳にしてリーグ戦でゴール!
「リーグ戦でゴールを決めた最年長選手」として、ギネス世界記録に認定されました。

この認定式でカズ選手は、この記録を破るという思いでやっていきたいと、まだまだ闘志を燃やしていました。

10】2019年現役最年長記録を更新!

背番号11にちなんで、毎年1月11日の11時11分に契約を更新するのが恒例となっているカズ選手。
52歳となる2019年シーズンも、このおなじみの日に現役続行を明らかにしました。

40代の選手たちが次々と引退を表明していくなか、カズ選手はグアムで自主トレーニングを行うなど、1分1秒を無駄にすることなく、サッカーと向き合い続けています。

その姿勢はまさにキング・カズ!色あせない姿とその生き方がかっこいいですよね!

【11】そのファッションが伝説級!

サッカー界に多大な貢献をし、数々の記録を作っているカズ選手ですが、“キング”なのはそれだけが理由ではありません。いつも気を使っているそのファッションにも注目が集まります。
 
最後に“キング・カズ“が感じられるような写真の数々をご紹介しましょう。

 

 

1993年のJリーグアウォーズの表彰式でのファッション。他の人が黒で決めているところ、カズ選手は全身真っ赤!さすがです!

 

よく見るとベストとスカーフには大きさ違いのドットが!細かいところまでおしゃれです

 

 

1993年 カズ選手の結婚式です。ウエディングケーキにはサッカーボールが!

 

 

こちらはイギリスから帰国した時のカズ選手。
英国の香りの残しながらも、カズ選手らしいアバンギャルドさが残っていますね!

 

 

J2の横浜FCに移籍することになったカズ選手。サングラスをかけた大人な雰囲気が、カズ選手に合っていますね!ファンからのサインの声に応える姿もすてきですよね。

 

 

52歳の誕生日翌日のカズ選手。真っ白なスーツにえんじのお花がとってもかっこいいですね。

三浦知良選手の“キング”たるゆえんを少しでも感じていただけたでしょうか?
華やかな経歴の目立つカズ選手ですが、始まりは少年の日に決意した単身留学というのがまたすごいところですよね!

今後も、カズ選手の活躍から目が離せません!

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!