ストーリーゴルフ

史上最年長国内メジャーV!谷口徹の強さのヒミツ!

2019-06-06 午後 0:00

スポーツ界の新たなレジェンド、谷口徹選手、51歳。昨年5月に行われたゴルフ全日本選手権に50歳で優勝。23年前、あのジャンボ尾崎選手が49歳で打ち立てた”史上最年長国内メジャーV”を塗り替える快挙でした。谷口選手の強さの秘密を探ります!

スイッチオン!勝負どころは外さない!

 

谷口選手の武器といえば、正確なアプローチショット。ですが…じつはもっと注目すべき強さは他にあります。

 

それは「勝負勘」。ここからが勝負だ!というスイッチの入れ方が絶妙なのです!

 

日本一になった昨年5月の試合の最終日、谷口選手は2位スタートでした。

それでも焦ることなく、キャディーさんと雑談をしながら和気あいあいといつも通り淡々とプレーをしていました。

 

しかし、17番ホール。暫定1位だった選手が少しの手元の狂いでパーパットを外したのを見ると、谷口選手のスイッチはオン!!

 

外してしまった選手が動揺を隠せない中、続く最終18番ホールは抜群の集中力で打数を抑え同率首位にならび、プレーオフで見事、逆転勝利を飾ったのです!

 

 

50代になっても強い理由、それはベテランだからできるスイッチの切り替えでした!

笑いに厳しい?ボケどころも外さない!

普段はのんびり、試合になるとスイッチオン!な谷口選手ですが、普段の様子をよく知るゴルフ仲間にうかがってみると…

 

とにかくオヤジギャグが多い!そうです!

 

 

関西出身の谷口選手は、お笑いにもハード。よく一緒に練習をするという武藤俊憲プロによると…

 

 

「谷口さんって、本当にケガないですよね」

 

「“毛がない”って失礼やろ!」

 

なんて、ツッコミづらいボケまでしてくれるのだとか!

 

勝負どころだけでなく、ボケどころも外さないんですね!ボケでもホールインワン!?

ゴルフより大事なもの…それは家族!

 

日本一のプロゴルファー、谷口選手にも、ゴルフより大事なものがあるそうです。

 

それは「家族」。

 

9歳下の元客室乗務員の奥様と、2人の娘が何よりも大事な谷口選手。

 

子供の夏休みには試合もあまり入れないようにしているという徹底ぶり!

 

 

ちなみに、美人奥様とは航空会社が主催する大会で出会って半年でゴールインしたんだとか。

 

一目ぼれした奥様に、キャディーさんを通して連絡先を渡し、集団での食事会を経て、優勝したタイミングでデートに誘うという的確なアプローチでゲットしたそうですよ!さすがです!

トップアスリートなのに○○?曲げない生き方

 

谷口選手の普段に密着してみると、トップアスリートとは思えない生き様が明らかになりました!

 

まず驚くのは、普段はあんまり練習しないこと。

 

練習だと、試合に比べて身が入らないのであまり意味を感じないそうです。

 

 

しかもその練習は打ちっぱなし!平日2時間の打ちっぱなしが安くていいのだそう。これまで何度も好成績を収め、何億も稼いできたトップアスリートとは思えぬ庶民感覚ですよね!

 

さらに、道具についても驚きの情報が!

 

 

それは、同じパターを20年近く使い続けているということ。底の重り部分ははげて見えてしまっても、貼りなおすと感覚が変わりそうという理由でそのままにしています。

 

進化しているであろう最新の道具よりも、使い続けた道具が一番なんです!

 

そして、谷口選手にはコブクロファンという一面も!ツアー中にもキャディーさんの心配をよそに時間が合えば、隙間時間を使ってでもライブに行っちゃうほど。

 

 

試合の調子が良くなるなら行った方がいいし、どうせ悪くなるなら行った方が良いという持論をもっているんです。このポジティブさは参考にしたいですね!

現役25年目だからできた、後輩たちに見せた生き様

 

谷口選手は、2007年に2度目の賞金王に輝いています。しかし、その後石川遼選手や松山英樹選手など、パワー型の選手が台頭し、若手の飛距離に圧倒されるようになってきました。

 

 

それに対抗するため、筋力トレーニングに励んだ谷口選手は、飛距離は出るものの、武器であったコントロール力を失くし、2016年には出場した試合の半分が予選落ちという結果に。

 

 

引退も考え始めた谷口選手に声をかけたのは、ゴルフ界の重鎮、中嶋常幸選手でした。

 

―後輩たちの手本になれ。結果だけではなくて、真摯(しんし)に努力する姿勢を見せるんだ。

 

 

その言葉に谷口選手は大切なことを思い出したといいます。

 

スコアが悪くても、それを取り返そうと必死になる姿勢を忘れていたのです。

 

パワーでは若手に敵わなくても、50代だからこそできるゴルフを貫きました。

 

 

そして、自分らしく、めげずに努力をした結果、6年ぶりに日本一に帰り咲き。

 

引退した方が楽だったあの日々を諦めずにやり続けた谷口選手のもとには、たくさんの後輩がお祝いに駆け寄りました。

 

後輩に誇れる自分でありたい。その思いが、51歳になっても現役として続けられた谷口選手の強さの源です。

 

 

これからもゴルフ界の後輩だけでなく、私たちにもお手本になるような諦めない心を見せてくれるはずです。

関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス

RANKING人気のトピックス

アクセス数の多いコンテンツをランキング形式でお届け!