大会概要

天皇杯 JFA 第102回全日本サッカー選手権
天皇杯は正式名称を『天皇杯JFA全日本サッカー選手権大会』といい、J1リーグ、リーグカップと並ぶ国内3大タイトルの一つに位置付けられています。天皇杯では、J1~J3所属のプロチームだけでなく、社会人チームから大学・高校のサッカー部に至るまで幅広いチームに参加権が与えられています。 本戦出場枠は88チーム、「最強のチーム(ベストメンバー)をもって試合に臨まなければならない」という規定もあることから、まさに“日本一”を決める大会と言えるのです。
1回戦 5月21日(土)、22日(日)
アマチュアシードチーム、都道府県代表チーム出場
2回戦 6月1日(水)、8日(水)
J2 (22チーム)、J1 (18チーム)出場
3回戦 6月22日(水)
4回戦 7月13日(水)、20日(水)
準々決勝 9月7日(水)
準決勝 10月5日(水)
決勝 10月16日(日)
主催
公益財団法人日本サッカー協会
公益社団法人日本プロサッカーリーグ
共催
NHK
共同通信社
主管
都道府県サッカー協会
大会方式
88チームによるノックアウト方式
出場チーム
J1 (18チーム)、J2 (22チーム)、アマチュアシード (1チーム)、都道府県代表 (47チーム)

各クラブのエンブレム、ロゴ等の使用に関する権利は各クラブまたはその権利者に帰属します。