NHK sports

大リーグ挑戦のオリックス 吉田正尚 交渉期間1月20日まで

野球 2022年12月7日(水) 午前10:03
大リーグ挑戦のオリックス 吉田正尚 交渉期間1月20日まで

プロ野球・オリックスからポスティングシステムを使って大リーグ移籍を目指す吉田正尚選手について、大リーグ機構は6日、大リーグの全30球団に契約可能な選手として通知しました。交渉の期間は来月20日までとなり、日本を代表する強打者の所属がどこになるのか、注目されます。


29歳の吉田選手はプロ7年目の今シーズン、打率3割3分5厘、ホームラン21本、88打点をマークしてオリックスの26年ぶりの日本一に貢献しました。



先月、ポスティングシステムを使って大リーグに挑戦する意向を示してオリックスが申請の手続きを行い、大リーグ機構は6日、吉田選手を契約可能な選手として全30球団に通知しました。

ポスティングシステムで大リーグの球団が交渉できるのは45日間で、大リーグ機構によりますと交渉は7日のアメリカ東部時間午前8時に解禁され、期限は来月20日の午後5時、日本時間の21日午前7時に設定されたということです。

吉田選手の代理人は、ブルージェイズの菊池雄星投手などを担当し辣腕(らつわん)で知られるスコット・ボラス氏が務めます。

吉田選手をめぐっては、大リーグの複数の球団が獲得を希望しているとアメリカのメディアが伝えていて、日本を代表する強打者が来シーズンどのチームでプレーするのか、交渉の行方が注目されます。


関連キーワード

関連ニュース

関連特集記事