NHK sports

ワールドカップ メキシコ 得失点差で及ばず決勝T逃すグループC

サッカー 2022年12月1日(木) 午前9:44
ワールドカップ メキシコ 得失点差で及ばず決勝T逃すグループC

サッカーワールドカップカタール大会の1次リーグ、グループCのサウジアラビア対メキシコは、メキシコが2対1で勝ちました。メキシコは勝ち点を4に伸ばしましたが得失点差で及ばずグループ3位となり、決勝トーナメント進出はなりませんでした。

【詳しいデータはこちら】サウジアラビア1-2メキシコ


https://www3.nhk.or.jp/news/special/fifa_worldcup/matches_schedule_results/game/1201_04.html



試合はドーハ近くにあるルサイルスタジアムで日本時間の1日午前4時から行われました。

勝たなければ決勝トーナメントに進出できないメキシコは前半から積極的に仕掛け、サイドからの攻撃でたびたびチャンスを作りましたが、サウジアラビアの守りをなかなか崩せず0対0の同点で折り返しました。

そして後半2分、メキシコはコーナーキックからの流れでヘンリー・マルティン選手が左足で合わせて先制ゴールを決めると、その直後の後半7分、ゴール前でのフリーキックをルイス・チャベス選手が直接決めて2点をリードしました。

その後もメキシコは再三ゴールに迫りますが、なかなか追加点を奪えません。

逆に試合終了間際にサウジアラビアのサレムアルドサリ選手にゴールを許し、1点を返されます。



試合は2対1でメキシコが勝って勝ち点を4に伸ばしましたが、勝ち点で並んだ同じグループのポーランドに得失点差で及ばずグループ3位となり、8大会連続の決勝トーナメント進出はなりませんでした。


関連キーワード

関連ニュース

関連特集記事