NHK sports

ワールドカップ オーストラリア 4大会ぶり決勝Tへ グループD

サッカー 2022年12月1日(木) 午前7:27
ワールドカップ オーストラリア 4大会ぶり決勝Tへ グループD

サッカーワールドカップカタール大会、1次リーグ、グループDのオーストラリア 対デンマークはオーストラリアが1対0で競り勝ち、4大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めました。

【詳しいデータはこちら】オーストラリア1-0デンマーク


https://www3.nhk.or.jp/news/special/fifa_worldcup/matches_schedule_results/game/1201_02.html



試合はドーハ近くにあるアルジャヌーブスタジアムで日本時間12月1日の午前0時から行われました。

前半、オーストラリアはスピードとテクニックで勝るデンマークにボールを持たれる時間帯が続きましたが、持ち味のかたい守りで決定的な場面をつくらせず0対0で折り返しました。

試合が動いたのは後半15分で、オーストラリアがカウンター攻撃からパスをつないで攻め込み、マシュー・レッキー選手が左足でゴールの右隅に強烈なシュートを決めて先制しました。

オーストラリアはその後、ロングパスを生かしたデンマークの猛攻を受けますが高さを生かした守りで得点を許さず1対0で接戦を制しました。



この結果、1次リーグを2勝1敗として勝ち点を「6」に伸ばし、グループDの2位で2006年のドイツ大会以来、4大会ぶりの決勝トーナメント進出を決めました。

デンマークは1次リーグの3試合であわせて1得点といずれの試合も決定力に欠き、2大会連続の決勝トーナメント進出はなりませんでした。


関連キーワード

関連ニュース

関連特集記事