NHK sports

サッカー日本代表 アメリカ戦へ前日練習 長谷部誠選手が同行

サッカー 2022年9月23日(金) 午前4:54
サッカー日本代表 アメリカ戦へ前日練習 長谷部誠選手が同行

サッカーの日本代表はワールドカップカタール大会への強化の一環として23日に予定されているアメリカとの試合に向けて公式練習を行い、森保一監督は「ワールドカップに向けたいい準備となるよう試合に臨みたい」と意気込みを話しました。


世界ランキング24位のサッカー日本代表はワールドカップに向けて23日、ドイツで世界14位のアメリカと強化試合を行います。

試合を前日に控えた22日、選手たちは会場となるドイツ・デュッセルドルフのスタジアムで公式練習に臨みました。

報道陣に公開された冒頭の15分間の練習ではボランチの遠藤航選手や右サイドの攻撃を担う伊東純也選手などがリラックスした表情でパス回しなどで調整しました。



また、練習には前回のロシア大会まで3大会続けてワールドカップで日本代表のキャプテンを務め、ドイツ1部リーグのフランクフルトでプレーする長谷部誠選手が訪れ、選手たちの様子を見守りました。

長谷部選手は22日から3日間、チームに同行し、みずからの経験をもとにさまざまなアドバイスをするということです。

森保監督は「アジア最終予選で中心として戦ってくれた選手を軸にチーム作りを進めているが、今好調な選手をどうチームに組み込んでいくか試したい」と話していて、今シーズン、ドイツ1部リーグの6試合で4点をマークしている鎌田大地選手などをどのように起用するか注目されます。

森保監督は「ワールドカップに向けたいい準備となるよう試合に臨みたい。これからの戦いを考えると対戦相手の力がアジアより格段に上がる。守備から攻撃にどれだけスムーズに移していけるか、そういうところも試したい」と話していました。


伊東純也「結果にこだわってやりたい」


フランス1部リーグのスタッド・ランスでプレーする伊東純也選手は「強い相手とできるのはあまりないことなのでこの試合を大事にしたいし、結果にこだわってやりたい。個人としてはゴールに絡み、チームの勝利に貢献できればいい。サイドで仕掛ける回数が多くなると思うのでチャンスを作れればいい」と話していました。


遠藤航「どれだけ世界に通用するか」


ドイツ1部リーグ、シュツットガルトでプレーする遠藤航選手は「ワールドカップの対戦相手のドイツのイメージをチームとして少しずつ持ちながらやっている。今までやってきたことをベースにどれだけ世界に通用するか、トライしたい」と話していました。


関連キーワード

関連ニュース

関連特集記事