NHK sports

大相撲 幕内最年長の玉鷲 通算連続出場1457回で歴代単独3位に

相撲 2022年9月19日(月) 午後8:02

大相撲で幕内最年長の玉鷲が、秋場所9日目の19日の取組で初土俵からの通算の連続出場を1457回とし、元関脇 貴闘力を抜いて歴代単独3位となりました。


前頭3枚目の玉鷲は37歳。

18日、平成16年の初土俵以来通算の連続出場を1456回とし、歴代3位の元関脇 貴闘力の記録に並びました。

そして9日目の19日、平幕 明生との一番で通算の連続出場を1457回とし、歴代単独3位となりました。

玉鷲は今場所、持ち味の力強い突き押し相撲が好調で、ここまで一横綱二大関二関脇を破ったほか、19日に明生に勝って8勝1敗とし、幕内で自身最速の勝ち越しを決めました。

取組のあとのインタビューで玉鷲は、若いころに比べて土俵に上がる気持ちが変わってきたかと聞かれ「全然変わっていない。元気のいい相撲を取りたいと思って土俵に上がっている」と話しました。

また、前頭5枚目の宝富士は平成25年の初場所から続く幕内での連続出場記録を864回とし、元横綱 北の湖を抜いて歴代単独10位となりました。


関連キーワード

関連ニュース

関連特集記事