NHK sports

ロッテ 佐々木朗希 10奪三振も6回3失点で3敗目

野球 2022年8月11日(木) 午前0:00
ロッテ 佐々木朗希 10奪三振も6回3失点で3敗目

プロ野球・ロッテの佐々木朗希投手が10日、千葉市のZOZOマリンスタジアムで行われたソフトバンク戦に先発し、6回を投げ、10個の三振を奪いましたが、3失点で3敗目を喫しました。


佐々木投手は後半戦初登板となった前回の楽天戦では、5回と3分の1イニングを投げ、5失点で2敗目を喫していて、10日は本拠地のZOZOマリンスタジアムで行われたソフトバンク戦に中6日で先発しました。

佐々木投手は2回に4番・柳田悠岐選手に甘く入った変化球を完璧に捉えられ、15号ソロホームランで先制を許しました。

このあとワンアウト三塁・二塁から、8番の川瀬晃選手と9番の甲斐拓也選手に連続スクイズを決められ、さらに2点を失いました。

3回以降は最速160キロのストレートと切れ味鋭いフォークボールを軸に、4回から6回にかけて5者連続三振を記録するなど、6回を投げ、三振10個を奪いましたが、ヒット5本3失点で、打線の援護にも恵まれず3敗目を喫しました。

佐々木投手は「失点した2回だけ、単調なフォーム、単調なボールになり、そこが打たれた原因だと思います。そのあとはしっかり修正できて、よい形で投げることができました」と球団を通じてコメントしました。


関連キーワード

関連ニュース

関連特集記事