NHK sports

カブス 鈴木誠也 先制点につながる二塁打 勝利に貢献

MLB 2022年5月24日(火) 午後2:32
カブス 鈴木誠也 先制点につながる二塁打 勝利に貢献

大リーグ、カブスの鈴木誠也選手がレッズ戦にフル出場し、先制点につながるツーベースヒットを打つなど勝利に貢献しました。


鈴木選手は23日、相手の本拠地シンシナティで行われたレッズ戦に3番・ライトで先発出場し1回の第1打席は、見逃しの三振でした。

鈴木選手は4回、先頭バッターの第2打席で140キロ台後半の速球をとらえ、センターへフェンスに直撃する鋭いライナーを打って3試合連続ヒットとなるツーベースでチャンスを作りました。

このあと、続くバッターのタイムリーツーベースヒットで鈴木選手が先制のホームを踏むなどカブスはこの回、一挙4点を奪いました。

5回の第3打席は、フォアボールとなったあと二塁へ今シーズン2つ目の盗塁を決めました。

4対3と1点差となって迎えた7回は、2アウト二塁の第4打席で再びフォアボールを選び続くバッターのスリーランホームランでホームを踏みました。

9回の第5打席は、空振りの三振でこの試合、3打数1安打、フォアボール2つと盗塁が1つで、打率は2割4分8厘となりました。

試合は、カブスが7対4で勝ちました。


鈴木「安定していい状態に持っていければ」


試合後、鈴木選手は「よかったり悪かったりというのはずっと続いているので、安定していい状態に持っていければなと思う。きょうはよかったが、あす悪かったら意味がないので続けられるようにしたい」と話していました。


関連キーワード

MLB

関連ニュース

関連特集記事