ニュース野球

プロ野球MVP 「セ」はヤクルト村上 「パ」はオリックス山本

2021-12-15 午後 09:18

  

プロ野球の今シーズンのMVP=最優秀選手が発表され、セ・リーグは20年ぶりの日本一に輝いたヤクルトの4番、村上宗隆選手が選ばれました。また、パ・リーグは25年ぶりのリーグ優勝を果たしたオリックスのエース、山本由伸投手が選ばれました。


プロ野球のMVPは記者などの投票で決まり、15日に都内で開かれた表彰式「NPBアワーズ」の中で発表されました。



セ・リーグのMVPに選ばれたヤクルトの村上選手は、4年目の21歳。今シーズンは全143試合に4番で出場し、ホームラン39本を打って初めてホームラン王に輝きました。

打点も「112」とリーグ2位、打率は2割7分8厘で、チームの6年ぶりのリーグ優勝と20年ぶりの日本一に貢献しました。

村上選手のMVP受賞は初めてで、ヤクルトからMVPが選ばれるのは、平成27年の山田哲人選手以来、6年ぶりです。


村上宗隆「これからの野球人生に生かしていきたい」


村上選手は「すごく光栄に思うし、これからの野球人生に生かしていきたい。ひとりでとれるような賞ではないので、支えて下さったたくさんの方に感謝したい」と喜びを語りました。

最もうれしかったことについては、チームの日本一をあげ「チームとしてトップに立てたことがうれしい。日本シリーズでチームが最後のアウトを取った瞬間は今でも忘れられない」と話していました。

村上選手は表彰式のあと会見を行いました。
ー今の気持ちを教えてください
「光栄に思うし周りの皆さんに感謝したいなと思います」
ー今季、特に自信になった部分は
「個人としてはないですけど、チームとして優勝できたことが自信になりました」
ーことし進化したところは
「自分はあまりないですけど、チームとしてうまくいきましたし、ピッチャーの方も頑張ってくれて、最少失点で抑えてくれたり、僕たちが打てないときに投げてくれたり、チーム一丸となってできたことが一番だと思います」
ー記憶に残っている場面は
「日本一になったシーンは一番覚えていますし、本当に報われた瞬間だったと思います」
ー来シーズンの目標は
「まだまだ進化することばかりですし、もっともっとできると自分を信じているので、高みを目指して頑張りたいと思います。来年も頂点に立てるよう頑張ります」
ー母校、九州学院(熊本)の恩師にはどんな報告を
「『本当に1年間応援ありがとうございました』と連絡したいと思います」
ー熊本地震の復興などの活動はこれからも続けますか
「はい!もちろん思っています」
ー地元、熊本県の皆さんにメッセージをお願いします
「1年間たくさんの応援ありがとうございました。そのおかげでうまくいき、チームも優勝することができました。来年も長いシーズンになりますが、応援よろしくお願いします」



パ・リーグのMVPに選ばれたオリックスの山本投手は5年目の23歳。今シーズンは初の開幕投手を任され、5月からは負けなしの15連勝をマークして、18勝5敗で最多勝を獲得しました。

さらに、防御率1.39、勝率7割8分3厘、奪った三振は206個で、投手部門の4つのタイトルを獲得し、絶対的なエースとしてチームの25年ぶりのリーグ優勝の原動力となりました。

また、今シーズン最も活躍した先発完投型のピッチャーに贈られる「沢村賞」も受賞しています。

山本投手のMVP受賞は初めてで、オリックスからMVPが選ばれるのは平成26年の金子千尋投手以来7年ぶりです。


山本由伸「応援の力を感じるシーズンだった」


山本投手は「本当にうれしく思う。ことしは応援の力を感じるシーズンだった。来シーズンもいい結果で恩返しできるよう頑張る」と喜びを語りました。

また東京オリンピックの日本代表として金メダル獲得にも貢献した山本投手は「夏にオリンピックがあり、長かったが、充実したシーズンだった。来年もいろいろな先輩に負けないよう頑張りたい」と話していました。

山本投手は表彰式のあと記者会見を行いました。
ー沢村賞をはじめたくさんタイトルを獲得。1つうれしいものを選ぶとしたら
「1つを選ぶというよりはすべて取れたのがうれしかったです」
ーこの成績をどう感じている
「シーズン始まった頃は成績も負け越していましたし、そこから15連勝で立て直せたので、とてもいい成績だと思います」
ー連勝中の気持ちは
「とにかく1試合1試合を全力でという気持ちで変わらず投げました」
ー連勝記録は来シーズンも続いていきます
「とにかく試合に勝てるように全力でやっていければいいと思います」
ー目指す投手像に田中将大投手をあげていました。連勝記録の先には田中投手の記録がありますが思うことは
「まだまだ足りないので目標として頑張りたいと思います」
ー宮城投手が新人王。シーズン中はどう見守っていましたか
「シーズンが始まる前は先発ローテーションに入るか入らないかという感じだったが、そこからずっと勝って大活躍で本当にすごいなと思いました」
ー2人で投手陣を引っ張った今シーズンを振り返っていかがですか
「本当に宮城投手も僕もしっかり貯金を作れたのでもっとお互いがいい成績を残せるように頑張っていけばチームにいい影響になるので全力で頑張りたいです」
ー来シーズンの目標は
「今シーズンよりいい成績を残せるようにしっかり頑張っていきたい」
ーMVP受賞の重みは
「MVPはパ・リーグで1人しか受賞できないので本当にうれしく思っています」
ー理想の投手像が100ならどこまで近づいていますか
「だいぶいい成績も残せるようになりましたし、いいボールも投げられる回数も増えましたのでいい調子では来ています。ですが、まだ5年目なのでこういった成績を何年も続けていければいいと思います。なので、理想の半分くらいですかね」
ー今シーズンより上げたい数字は
「全部です」


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス