ニュースその他のスポーツ

北京オリンピックショートトラック出場枠 日本 男子4人女子3人

2021-12-10 午後 10:31

  

北京オリンピックのスケートのショートトラックについて各国や地域に割り当てられる出場枠が発表され、日本は男子が4人、女子が3人出場できることになりました。


国際スケート連盟は9日、来年2月に開かれる北京オリンピックのショートトラックについて今シーズンのワールドカップの成績に基づいて決めた各国や地域の出場枠を発表し、日本は男子が4人、女子が3人出場できることになりました。

種目ごとの出場枠は男子は4人全員で出場する5000メートルリレーのほか、個人種目では500メートルと1000メートルでそれぞれ2枠、1500メートルで3枠を獲得しました。

また女子は3000メートルリレーには出場できませんが、個人種目は500メートルで1枠、1000メートルと1500メートルでそれぞれ3枠を獲得しています。

このほか北京大会の新種目、混合リレーの出場枠も獲得しました。

日本スケート連盟では、今月中に男女合わせて7人のオリンピック代表選手を内定することにしています。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス