ニュースその他のスポーツ

スケートボード日本選手権 きょう開幕 東京五輪メダリスト出場

2021-12-10 午前 09:53

  

スケートボードの日本選手権が10日、茨城県で開幕します。東京オリンピックでメダルを獲得した選手などオリンピックのあと初めて国内の大会にトップ選手が出場する見込みです。


茨城県笠間市であす開幕するスケートボードの日本選手権は男女それぞれ
▽階段や手すりなどが設置されたコースを滑る「ストリート」と
▽すり鉢状のコースで行われる「パーク」の2つの種目が行われます。

このうち女子ストリートでは
▽東京オリンピックで13歳で金メダルを獲得した西矢椛選手がエントリーしています。

また男子ストリートには
▽ことしの世界選手権で3位に入った20歳の白井空良選手が9位に終わった東京オリンピックから次のパリ大会を目指して再スタートを切るなど、オリンピックのあと初めて国内の大会にトップ選手が出場する見込みです。

一方、女子パークにエントリーしていた
▽東京オリンピック銀メダリストの開心那選手は欠場することになりました。

スケートボードの日本選手権は
▽あすの予選を経て
▽11日、ストリートの決勝が
▽最終日の12日にはパークの決勝が行われます。


白井空良 パリ五輪へ再始動


スケートボードの日本選手権で注目選手の1人が男子ストリートの20歳、白井空良選手です。

白井選手は独創性の高い技が持ち味で、ことし6月の世界選手権で3位に入り、東京オリンピックでもメダル獲得が期待されました。

しかし、オリンピックでは予選でミスが続いて上位8人による決勝に進めず9位という結果に終わりました。

白井選手は「オリンピックでは見せたかった技が1個もできず心残りで悔しかったが、このままでは終われないし、あんな経験はオリンピックで二度としたくない。パリ大会で優勝するという気持ちで、努力して練習している」と話します。

東京オリンピックのあと、拠点とする神奈川県寒川町の施設で週5日ほどの練習を重ね、新たに「ビッグスピンフリップリップスライド」というボードを空中で縦と横に1回転させながらレールに飛び乗って滑り降りる大技も身につけました。

白井選手は、東京オリンピック以来の実戦となる今回の日本選手権をパリ大会に向けた再始動の場と位置づけていて「オリンピックでスケートボードを見て、やってみたという人が多くなりみんなに知ってもらえてうれしい気持ちだ。久しぶりの大会なのでワクワクしている。誰もやったことのない技をやりたいと思っているので、注目してほしい」と意気込みを語りました。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス