ニュース野球

エンジェルス ロレンゼン選手と1年契約 大谷とともに二刀流か

2021-12-01 午後 05:36

  

大谷翔平選手が所属する大リーグのエンジェルスが投打の両方をこなすロレンゼン選手と1年契約で合意し、大谷選手とともに二刀流での活躍がなるか注目されます。


29歳のロレンゼン選手は、今シーズン、レッズでリリーフとして27試合に投げ、1勝2敗、防御率5.59の成績でした。

外野手としても1試合に出場し1打数ノーヒットでしたが、2018年には34打席でホームラン4本を打つなどバッティングも持ち味にしているピッチャーです。

おととしにはリリーフで7回からマウンドに上がったあと、8回の打席でツーランホームランを打ち、9回にはセンターの守備につき、勝ち投手となりました。

勝利投手が同じ試合でホームランを打って外野を守るのは1921年のベーブ・ルース以来でした。

エンジェルスは11月30日、レッズからFA=フリーエージェントになっていたロレンゼン選手と1年契約で合意したと発表しました。

年俸は675万ドル(日本円でおよそ7億6000万円)だということです。

通算成績はピッチャーとして23勝23敗、防御率4.07、バッターとして打率2割3分3厘、ホームラン7本、24打点で、外野手で通算34試合に出場しています。

アメリカのメディアは、ロレンゼン選手が来シーズンは先発投手とともに外野手としても定期的にプレーする希望を持っていると伝えていて、今シーズン投打の二刀流で歴史的な活躍を見せた大谷選手とともに躍動できるかが注目されます。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス