ニュース野球

日本ハム 新庄監督 スポーツカーでファンの前に登場 躍進誓う

2021-11-30 午後 11:50

  

プロ野球、日本ハムの新庄剛志監督が、ファンへの1年間の感謝を表す「ファンフェスティバル」に参加し、監督に就任してから初めて、札幌ドームでファンの前にスポーツカーを運転して現れて、「世界一のチームになれるように目いっぱい楽しみます」と躍進を誓いました。


日本ハムの「ファンフェスティバル」は、例年は選手たちがさまざまなゲームを行うなどしてシーズン中とは違う姿を見せるイベントですが、ことしは新庄監督が今月4日に監督に就任してから初めて、地元ファンの前に姿を見せることが事前に発表され、大勢のファンが訪れました。

イベントが始まって、1時間50分が経過したところで札幌ドーム内が暗転し、レフト側から、北海道の雪をイメージしたという白の高級スポーツカーを運転して新庄監督が現れました。



新庄監督はサングラスをかけたまま車から降りたあと、ファンに向かってあいさつし「15年ぶりに、北海道に帰ってきました。暴れてもいいですか。感動させてもいいですか。泣き笑いさせてもいいですか。来年から、僕がかじを取り、かわいい選手たちと長い船旅に出かけます。かわいい選手たちと一緒に、船に乗ってくれるのであれば、目いっぱいの拍手をお願いします」と呼びかけて、大きな拍手を受けていました。

そして、新庄監督はかつて自身がヒーローインタビューで話した内容をなぞって「来年からヒーローは僕ではありません。かわいい選手たちと皆です。世界一のチームになれるように目いっぱい楽しみます。きょうはありがとう」と大きな声を挙げたあと、ファンに手を振りながら引き上げました。

新庄監督は現役時代、札幌ドームで天井からゴンドラで降りてきたり、守備位置までバイクに乗って行ったりするなどパフォーマンスで沸かせましたが、今回はスポーツカーを運転して登場しファンの期待に応えました。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス