ニュースサッカー

J1 徳島ヴォルティス謝罪 追悼セレモニー中にサポーターが大声

2021-11-30 午後 01:21

  

サッカーJ1の徳島ヴォルティスは、今月27日の湘南ベルマーレとの試合後に行われた選手を追悼するセレモニーの最中に、ヴォルティスのサポーターが大声で叫ぶなど不適切な行為があったとして謝罪しました。


ヴォルティスは今月27日に神奈川県平塚市でベルマーレと対戦し、1対0で勝ちました。

ヴォルティスによりますと、今月24日に心不全で亡くなったことが発表された、ベルマーレのオリベイラ選手を追悼するセレモニーが試合後に行われていた最中、スタジアムにいたヴォルティスのサポーターが不適切なことばを大声で叫んだということです。

徳島ヴォルティスの岸田一宏社長は「あまりにも敬意を欠いた不適切な発言」だとして「湘南ベルマーレに関わるすべての皆さまに不快な思いをさせ、多大なるご迷惑をおかけいたしましたことを深くおわび申し上げます」と公式ホームページで謝罪しました。

そのうえで、スタジアム内で大声で叫ぶ行為が「Jリーグの新型コロナウイルスの対応ガイドラインにも抵触し、クラブとして見過ごすことのできない行為」だとして、問題のサポーターを特定して厳正に対応するとしています。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス