ニュースその他のスポーツ

「五輪コンサート」行われる メダリストが登壇し感謝のことば

2021-10-12 午後 10:51

  

東京オリンピック・パラリンピックの名場面を大型スクリーンの映像とオーケストラの演奏で振り返る「オリンピックコンサート」が行われ、柔道の阿部一二三選手などメダリストが登壇し大会での応援に感謝のことばを述べました。


このコンサートはJOC=日本オリンピック委員会が開いているもので、新型コロナの影響で2年ぶりの開催となった12日は都内の会場に東京オリンピックとパラリンピックをわかせた29人のメダリストと850人余りの観客が集まりました。

コンサートでは、東京大会で日本選手がメダルを獲得した瞬間などの名場面が大型スクリーンに映し出されるなか、オーケストラが開会式で選手団の入場行進で使われたゲーム「ドラゴンクエスト」のオープニングテーマなどオリンピックにゆかりのある名曲を演奏しました。



コンサートの合間には、メダリストたちが舞台に上がり、柔道の男子66キロ級で金メダルを獲得した阿部選手は、「無観客となったなかテレビを通してたくさんの応援をありがとうございました。その力をもらって頑張ることができた」とあいさつしました。



また、パラリンピックの競泳で5つのメダルを獲得した鈴木孝幸選手は、4か月後に冬の北京オリンピックが開幕することに触れ、「今大会で生まれた応援の気持ちを次の北京大会にも持っていってもらい、再びオリンピックパラリンピックを盛り上げていただきたい」と呼びかけていました。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス