ニュースサッカー

相手選手に「ひじ打ち」 FC東京レアンドロ 5試合出場停止処分

2021-09-24 午後 10:38

  

サッカーJ1、FC東京のレアンドロ選手が22日の名古屋グランパス戦で相手選手に対してひじ打ちのような反則を犯し、退場処分を受けたことについてJリーグとクラブは「相手の選手生命を脅かしかねない」などとして合わせて5試合の出場停止処分とすることを決めました。


9月22日に東京・調布市の味の素スタジアムで行われたFC東京とグランパスの試合でレアンドロ選手は相手のディフェンダー、中谷進之介選手からボールを奪いに行く際に右腕を高く上げてひじ打ちのような反則を犯し、退場処分を受けました。

この行為についてJリーグの規律委員会は「相手競技者の選手生命を脅かしかねない非常に危険な行為だ」としたうえでレアンドロ選手は去年のリーグ戦でも同じような反則があったことも踏まえてリーグ戦3試合の出場停止と罰金30万円の処分を科すことを決めました。

さらに、FC東京はクラブ独自の処分としてJリーグカップ準決勝の2試合を出場停止とするほか100万円の制裁金を科しました。

FC東京の大金直樹社長や長谷川健太監督なども報酬の2か月分の5%を自主的に返納するということです。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス