ニュースその他のスポーツ

eスポーツ シニアのプロチーム発足 平均年齢69歳 秋田

2021-09-21 午後 04:02

  

対戦ゲームを競技として行う「eスポーツ」で、全国的にも珍しい平均年齢69歳のシニアのプロチームが秋田県で発足しました。


発足したのは、66歳から73歳までの男女8人で作る「マタギスナイパーズ」です。

21日に秋田市で、選手の代表やコーチなど5人が出席して会見を開きました。

eスポーツは認知症予防に効果があるとされ、チームの運営会社は、秋田県内の高齢者を対象に選手を募集し、応募があった21人の中から適性などを見極めて、8人を選抜したということです。



運営会社によりますと、高齢者によるeスポーツのプロチームは全国的にも珍しく、現在は週3回、市内にあるトレーニングセンターで練習を続けているということです。

チームには、すでにスポンサーもついていて、今後は、10月から始める予定の動画配信などを通じて収益を得るほか、将来的には大会に出場して賞金獲得を目指すことにしています。

メンバーの1人で、プレーヤーネーム「エバちゃん」さん(67)は「これまでゲームはやったことがなかったが、やってみると、目や手だけでなく、仲間と戦略を練ったり声をかけあったりして認知症防止にいいと感じた。これからも頑張りたい」と話していました。


関連キーワード

関連トピックス

最新トピックス