千葉 茂原市 大雨“土のう設置せず浸水深60センチ以上増”

ことし9月の記録的な大雨で氾濫した千葉県茂原市を流れる「一宮川」で、工事中の堤防の代わりに設置されることになっていた大型の土のうの一部が十分に設置されていなかった問題で、茂原市は土のうが設置されていなかった八千代地区では浸水の深さが60センチ以上増したとする検証結果をまとめました。

茂原市を流れる一宮川では9月の大雨の前から県が堤防や護岸の改修工事を進めていて、工事が終わるまで堤防が低い部分などに大型の土のうを設置することになっていましたが、浸水被害を受けて県が調査した結果、5か所で不備が見つかりました。
このうち土のうが設置されていなかった八千代地区について茂原市は大雨の9月8日に付近で計測された一宮川の水位などをもとに、流れ込んだ水の量などを推計しました。
その結果、午前10時から午後8時までの間に流れ込んだ水の量は16万7400立方メートル余りで、これにより八千代地区では平均およそ64センチ、浸水の深さが増したとしています。
地区では282世帯がり災証明を提出していて、27日記者会見した茂原市の田中豊彦市長は「県は繰り返し浸水被害を受けてきた現場の状況を分かっておらず、あまりにもずさんすぎる。きちんと検証してもらいたい」と述べました。
この問題について県は第三者委員会を設置して、川の氾濫への影響などについて検証を進めています。